歴史映画の場面

ヒトラーと会談するイオン・アントネスク

イオン・アントネスク元帥は、1940年から1944年までルーマニアの統治者でした。スターリングラードにおけるドイツの敗北後、ヒトラーはドイツと同盟関係にあった国の一部に別の平和協定を交渉する意図があるのではないかと疑っていました。このドイツのニュース映画の映像には、ルーマニアがドイツの戦争運動に傾倒し続けることをヒトラーに確信させるために、アントネスクがドイツのベルヒテスガーデンでヒトラーと会談している様子が映っています。この会談の翌年の1944年8月、ルーマニアのミハイ国王はアントネスクを逮捕し、ソ連との休戦協定に調印しました。

謄本

  • National Archives - Film

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.