詳細
地図

中央ヨーロッパのユダヤ人コミュニティ

ドイツのユダヤ人の80%(約40万人)は、ドイツ市民権を持っていました。残りは主に、ポーランド市民権を持つユダヤ人で、その多くはドイツで生まれ、ドイツの永住権を持っていました。全体で、ドイツのユダヤ人の約70%は都市部に住んでいました。ドイツのすべてのユダヤ人の50%が、ドイツの10大都市に住んでいました。ユダヤ人の人口が多かった都市は、ベルリン(約16万人)、フランクフルト・アム・マイン(約2万6,000人)、ブレスラウ(約2万人)、ハンブルク(約1万7,000人)、ケルン(約1万5,000人)、ハノーバー(約1万3,000人)、およびライプツィヒ(約1万2,000人)でした。ダンツィヒ自由都市には1万人超のユダヤ人が住んでいました。オーストリア在住の大多数のユダヤ人(約17万8,000人)は、首都ウィーンに住んでいました。チェコスロバキアで最大のユダヤ人コミュニティは首都プラハにあり、約3万5,000人が住んでいました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

前の記事

Jewish communities in central Europe [LCID: ger77170]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.