<p>第二次世界大戦前に、行事で集まったドイツ系ユダヤ人の2つの家族。 ホロコーストを生き延びたのは、このうち2人だけでした。 1928年、ドイツ。</p>

戦前のドイツのユダヤ人

戦前のドイツのユダヤ人 1933年の6月の人口調査によると、ドイツにおけるユダヤ人の人口は約50万人でした。ユダヤ人の割合は、合計約6,700万人のドイツ人の人口の1%未満に過ぎませんでした。ナチスでは、通常の人口調査の実施方法とは異なり、1935年のニュルンベルク法で体系化されたナチスの人種差別的基準とその後の条例によって、個人の祖父母が実践している宗教に従ってユダヤ人を分類しました。最終的に、ナチスでは、ユダヤ教から別の宗教に改宗した数千人もの人々もユダヤ人として分類しました。その中には、ローマカトリック司祭、修道女、および祖父母がユダヤ人であるプロテスタントの牧師までも含まれていました。

ドイツのユダヤ人の80%(約40万人)は、ドイツ市民権を持っていました。残りは主に、ポーランド市民権を持つユダヤ人で、その多くはドイツで生まれ、ドイツの永住権を持っていました。

全体で、ドイツのユダヤ人の約70%は都市部に住んでいました。全ユダヤ人の50%は、ドイツの10大都市に住んでいました。ベルリン(約16万人)、フランクフルト・アム・マイン(約2万6,000人)、ブレスラウ(約2万人)、ハンブルク(約1万7,000人)、ケルン(約1万5,000人)、ハノーバー(約1万3,000人)、およびライプツィヒ(約1万2,000人)も含まれていました。

重要な日付

1933年4月1日
ユダヤ系企業製品のボイコットを全国展開

午前10時、突撃隊員(SA)とSS(ナチス国家のエリート精鋭護衛兵)がドイツ中のユダヤ人の経営する商店の前に立ち、この施設の所有者はユダヤ人であると言い始めます。「Jude(ユダ)」は、ドイツ語で「ユダヤ」を意味する語句で、店舗のディスプレイウィンドウに落書きされることがよくあります。また、ドアにはダビデの星が黄色と黒のペンキで落書きされることもあります。反ユダヤ主義の標識には、このようなスローガンが付いています。ある町では、SAが反ユダヤ主義のスローガンと党歌を歌いながら通りを行進します。他の町では、ボイコットだけでなく暴力事件も起きます。キール市では、ユダヤ人弁護士が殺害されます。ボイコットは深夜には終了します。地域レベルで組織されたボイコットは、ほぼ1930年代を通して継続します。

1935年9月15日
ニュルンベルク法が制定される

年に一度の党大会で、ナチスはユダヤ人を二流市民とする新しい法律を発表し、ユダヤ人の政治的権利の多くを剥奪します。さらに、ユダヤ人は、「ドイツ人」またはその「血族」との結婚や婚外交渉が禁じられます。「人種的不品行」は刑事事件となります。ニュルンベルク法では、「ユダヤ人」を3人または4人の祖父母を持つ者または実践的なユダヤ教徒である者と定義しています。最終的に、ナチスでは、ユダヤ教から別の宗教に改宗した数千人もの人々をユダヤ人として分類し、その中には、祖父母がユダヤ人であるローマカトリック司祭、修道女、およびプロテスタントの牧師までも含まれています。

1938年11月9日
「水晶の夜」 全国的なポグロム

パリ在住の若いユダヤ人によるドイツ外交官エルンスト・フォム・ラートの殺害に対して、ドイツの宣伝省大臣ヨーゼフ・ゲッベルスは、ミュンヘンでナチ党の忠誠者に対して熱のこもった演説を行います。ナチ党の党員は、1923年のミュンヘン一揆の記念式典(アドルフ・ヒトラーが初めて権力を掌握しようとした機会)に集まっています。このスピーチは、SA、SS、およびヒトラー青年団などの他のナチ党組織のメンバーがユダヤ人の家、店舗、礼拝所に組織的な攻撃を開始するきっかけになります。後にナチス高官はこのポグロムを世論の怒りの自発的な行為と説明していますが、これに加担した人々は限られています。ユダヤ人に対する暴力は11月10日の朝まで続き、「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)として知られるようになります。少なくとも91人の人々が殺害され、3万人以上の人々が逮捕され、強制収容所に収容されます。このポグロムの後、「アーリア化」(ユダヤ人の経営する商店を「アーリア人」に売ること)が加速します。