詳細
地図

ドイツからのユダヤ人の移住、1933〜1940年

1933年から1939年までの間、ドイツ在住のユダヤ人は、逮捕や経済的ボイコット、公民権と市民権の剥奪、強制収容所への収監、無作為の暴力、国家的に計画された「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)のポグロム(ユダヤ人迫害)に遭いました。 ユダヤ人はさまざまな方法でナチスの迫害に対抗しました。 ドイツ社会から強制的に隔離されたドイツ系ユダヤ人は、独自の機関や社会組織に依存し、拡大していきました。 しかし、高まる抑圧と肉体的暴力に直面して、多くのユダヤ人がドイツから逃げました。 米国や英国などの国が彼らの入国を積極的に受け入れていたら、さらに多くのユダヤ人がドイツを離れていたかもしれません。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Jewish emigration from Germany, 1933-1940 [LCID: wor79170]