証言者の歴史

ジェームス・ローズ

オハイオ州トレド出身のジェームス A.ローズは、第42(レインボー)師団に属していました。

謄本

我々は、行進を続け、ドイツ軍を追い詰めていました。 戦争は終わりに近づいており、その日は1945年4月29日でした。軍曹が来て我々全員にこう告げたのです。「ガスマスクを確認しろ。地面に埋められたガス兵器があると予想される町にこれから向かう。」 そのとき我々が向かった町がダッハウでした。そして我々の師団に属する第222連隊が収容所を解放したのです。 我々が収容所の門に到着すると、囲いが開けられ、皮膚が垂れ下がったがい骨のような数千人もの人々が出てくるのを見たのです。 彼らは汚れていて悪臭を放っており、一瞥しただけで半分死んでいるように見える人たちもいました。そのとき何が起きていて、この戦争というものがどういうもので、我々がこの戦争になぜ参加していていたのかを理解したのです。


シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.