証言者の歴史

ルース・マイロウィッツ

フランクフルトで、ルースの家族はエスカレートし続ける反ユダヤ主義政策に直面していました。彼女の父は事業を奪われ、ルースが通うユダヤ人学校は閉鎖されました。1943年4月に、ルースと彼女の家族はアウシュビッツに移送されました。ルースは強制労働者の1人に選ばれ、道路修理に駆り出されました。また「カナダ」区域でも、収容所に持ち込まれた所持品を区分けするために働かされました。1944年11月に、ルースはドイツのラーフェンスブリュック強制収容所施設に移送されました。彼女は1945年5月の、マリヒョウ強制収容所からの死の行進中に解放されました。

謄本

アウシュビッツへ来て数か月後、ほとんど全員が病気になりました。母はマラリアにもなりましたが、チフスにはかかりませんでした。チフスにかかったのは私でした。そのときのことはあまりよく覚えていませんが、私が殴打されたり、死の宿舎とも言える病院宿舎へ送られないように、母は毎朝私に服を着せ、点呼に値する「ゼラペル」へ連れて行き、引きずって仕事場に連れて行きました。私は母に引きずられて移動しましたが、もちろん病気であることは誰の目にも明らかでした。そして、あるときガス室へ送られる者の選別がありました。私たちは外で立っていましたが、私は、囚人班長から一方へ行くように、母は別の方向へ行くように指示されました。私が病んでいるように見えたからです。私は彼らが毎日配給した200カロリーの食糧を下痢のために無駄にしているだけでした。私の母は、私が彼女の娘であり、私を彼女と一緒に行かせて欲しいと哀願しましたが、囚人班長は許可しませんでした。しかし、班長は、彼女がそんなに娘のことを心配しているなら、娘と一緒に行くがいいと言いました。そして、母がそうしようとすると、宿舎で床を掃いたり煙突やコンロを清掃したり、些細な仕事をしていた婦人の1人が、保護されたステータスを持っていたのですが、その 婦人が私の片腕を掴み、母が別の腕を掴み、3人で歩き去ることができました。誰も私たちを止める人はいませんでした。囚人班長が私たちに気付かなかったのか、気付かないふりをしていたのか、それは奇跡的なことでした。私たちはそのまま歩き去り、私の命は救われたのです。本当に驚くような出来事でした。私は病気でしたから、実際にどのようにしてこのようなことが起こったのかは正確にはわかりませんが、あの日私の命が救われたのです。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.