前の記事

証言者の歴史

ウォルター・メイヤー

ウォルターは、ドイツ中北部のカッセルで生まれましたが、ラインラントで育ちました。若かったウォルターは、教えられたドイツ人の優越性と反ユダヤ主義に関して疑問を抱いていました。反ナチであった父親は、ウォルターがアドルフ・ヒトラー・スクールのひとつに入学することを許しませんでしたが、ヒトラー青年団への入団は許しました。しかし、反逆的な性格であったウォルターは、ユダヤ人の友人を自分の家の地下室にかくまうことになりました。また、ナチの青年団をからかうギャングを結成し、フランスの戦争捕虜を助けました。このギャング団は、自らをエーデルワイスの海賊(ドイツの反体制の若者によるほかのグループと同様に)と呼びました。1943年にウォルターは、爆破された店から靴を盗んでいるところを見つかり、逮捕され収監されました。最終的にラーフェンスブリュック強制収容所に移送され、採石場で強制労働に従事しました。1945年に結核を患ったウォルターは、殺される前に脱走することを決意しました。濃い霧の立ち込める中、農場までたどり着きます。農夫は、息子の軍隊の制服をウォルターに与えると、デュッセルドルフの家に帰るための列車に乗る手助けをしてくれました。ウォルターは、入院し病気から回復した後、合衆国に移住しました。

謄本

私たちは、だいたいいつもケーニヒスアレーのカフェに集まりました。ドイツにもニューヨークの五番街のように有名な通りがいくつかありますが、デュッセルドルフのケーニヒスアレーは、その1つであり、世界でも名前の知れた 美しく、広く、真ん中に川が流れ、マロニエが植えられた通りです。カフェはその通りにあり、そのカフェの裏にはビリヤードがある部屋がありました。私たちはよくビリヤードをしながら、小さな集会をしました。新しいメンバーが来た場合は、確認するために質問したり、テストしたり、入団の動機を聞いたりしました。また、それから先の活動について話したりしました。誰かが、ヒトラー青年団がその装備を格納している場所を教えると、それをいつどこに集合して盗みに行くかなどを計画しました。これが私たちの活動でした。私たちは少しやりすぎたので、人々の敵になってしまいました。はじめはタイヤをパンクさせるぐらいだったのが、自転車をまるごと盗むようになったりして、苦情が多くなりすぎたのです。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.