Participants in the July 1944 plot to assassinate Hitler and members of the "Kreisau Circle" resistance group on trial before the ... [LCID: 03641]

ドイツ国内でのレジスタンス

ドイツ国内でのレジスタンス 多くの密告者の通報により警察に捕まる危険性が高いにもかかわらず、ドイツ国内でも個人やグループがナチズムに抵抗しようとしました。社会主義者、共産主義者、労働組合員などは、ひそかに反ナチス文献を執筆し、印刷して配布しました。この反逆者の多くは逮捕され強制収容所に投獄されました。

戦時中、ヒトラー暗殺計画が多くありました。1943年初めにスターリングラードでソ連軍が重要な勝利を収め、戦況がドイツ軍に不利と見受けられると、ドイツ軍将校のグループによって重大な暗殺計画が計画され、1944年に実行されました。しかしヒトラーは軽傷で爆風を免れました。陰謀を企てた4人の将校は直ちに射殺されました。その後、陰謀への関与で有罪判決を受けた200人が処刑されました。

ヒトラーの独裁政権に反対したドイツ人のうち、ユダヤ人に対するナチスのジェノサイドに公然と抗議したグループはごくわずかでした。「白バラ」運動は、ミュンヘン大学の24歳の医学生ハンス・ショル、彼の22歳の妹ゾフィー、そして24歳のクリストフ・プローブストによって1942年6月に設立されました。「白バラ」の正確な起源は不明ですが、明らかに悪に抵抗する純粋さと潔白を表しています。ハンス、ゾフィー、クリストフは、教育を受けたドイツ人がナチスの政策に従うことに激怒しました。彼らは反ナチスのビラを配布し、「自由を」、「ヒトラーを倒せ」などのスローガンを大学の壁に書きました。1943年2月、ハンスとゾフィー・ショルはビラを配布したことで逮捕され、彼らの友人クリストフと共に、4日後に処刑されました。ハンスの最後の言葉は「自由よ生き延びよ!」でした。

重要な日付

1942年12月22日
「赤いオーケストラ」スパイ、ベルリンで処刑される

アルヴィト・ハルナックは反逆罪に問われベルリンで処刑されました。ハルナックは、ゲシュタポ(秘密国家警察)によって「赤いオーケストラ」と名付けられた広範囲にわたるソ連のスパイ網の中心人物でした。「赤いオーケストラ」は、ベルギー、オランダ、フランス、ナチス・ドイツ内部で活動していました。ハルナックは、ドイツ国内で活動を行うグループの中心人物で、ドイツの経済計画に関与していました。彼はドイツを打倒するソ連を支援することで、アドルフ・ヒトラーの独裁を終わらせようとしました。1936年初頭、ハルナックはソ連にドイツの兵器生産に関する秘密情報を渡し始めました。戦争中ハルナックは、妨害行為を行いながらソ連に情報を流し、ヒトラーへの反逆行為に協力しました。1942年、ゲシュタポはハルナックの捜査を始めました。彼はその後逮捕され、拷問を受け、死刑を宣告されました。ハルナックは絞殺され、肉をつるすためのフックで吊り下げられました。スパイ網の残りのほとんどのリーダーたちも、逮捕され残酷に殺害されました。

1943年2月22日
ハンスとゾフィー・ショル、ミュンヘンで処刑される

ハンスとゾフィー・ショル(兄と妹)はミュンヘンで処刑されます。彼らは1942年に白バラ抵抗グループを設立しました。2人はミュンヘン大学の学生です。彼らは第三帝国に反対するビラを書いて配布します。1943年2月18日にショル兄妹がミュンヘン大学の玄関ホールに撒き散らした白バラの最後のビラは、大きな波紋を投げかけました。ビラには「清算する日が来た。我々が今まで苦しんできた最も忌まわしい暴虐行為を、ドイツの若者が清算する日が。」と宣言してあります。彼らはビルの管理人によってゲシュタポ(秘密国家警察)に通報され、他の4人と共に逮捕されました。彼らは人民裁判所に提訴されました。ゾフィーとハンスは反逆罪の有罪判決を受け、斬首刑を宣告されます。

1944年7月20日
ヒトラーの東部本部で爆弾が爆発

1943年スターリングラードでのソ連の勝利に続く軍の後退により、アドルフ・ヒトラー率いるドイツ軍への不満が増加します。軍隊の位の高い将校による少人数のグループは、ヒトラーに対するクーデターを計画します。ドイツ軍参謀長側近のクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐は、東部ドイツのラステンブルクの本部で、ヒトラーの隣に爆弾の入った書類鞄を置きます。東部戦線の軍事情勢に関する状況報告中、強力な爆弾が爆発して建物が粉々になります。シュタウフェンベルク大佐は、爆弾を置いた後立ち去り、爆発を見てからヒトラーの死を報告するためにベルリンに戻ります。しかし、軍事状況報告に使用される重い会議用の机が、爆発の威力からヒトラーを守り、軽い火傷、鼓膜の損傷、右腕の部分麻痺だけで、ヒトラーは生き残ります。シュタウフェンベルク大佐は逮捕され、銃殺されます。陰謀を企てた他の人も逮捕され、拷問を受け、反逆罪で裁かれた後、残酷に処刑されます。彼らは絞殺され、肉をつるすためのフックで吊り下げられます。