詳細
写真

ドイツの外交官エルンスト・フォム・ラート暗殺によりフランス当局に逮捕された後に撮影されたヘルシェル・グリンシュパンの写真

ドイツの外交官エルンスト・フォム・ラート暗殺によりフランス当局に逮捕された後に撮影されたヘルシェル・グリンシュパンの写真。グリンシュパン(1921~1943年?)は、ドイツのハノーファーで生まれ、ドイツに移住したポーランド系ユダヤ人の息子でした。1936年、グリンシュパンはパリへ逃亡しました。1938年11月7日、両親がドイツからポーランド国境へと強制退去されたことを知ると、グリンシュパンはエルンスト・フォム・ラート(パリのドイツ大使館第3等書記官)を撃ちました。その2日後、大使館員の死去により、この事件は11月9~10日のクリスタル・ナハト(水晶の夜)の暴動を正当化する理由としてナチス政権に利用されました。1940年、グリンシュパンはビシー政府によってドイツに引き渡されましたが、彼の死亡に関する日時および場所についてはこれまで明らかにされていません。1938年11月7日、フランス、パリ。


  • US Holocaust Memorial Museum, courtesy of Morris Rosen

Portrait of Herschel Grynszpan taken after his arrest by French authorities for the assassination of German diplomat Ernst vom Rath. [LCID: 05151]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.