ヘウムノ (簡約記事)

ホロコースト時代、ポーランド、ウッチの北西48キロほどにあるヘウムノ絶滅収容所で、親衛隊は少なくとも15万2,000人を殺害しました。そこは、ユダヤ人の大量殺戮に初めて毒ガスが使用された固定施設でした。絶滅収容所は、ヘウムノという町の領地と、近くの大きい森林開拓地から成っていました。収容所員と看守は町の他の建物に住居を与えられていました。領地と森林の収容所は高い木の柵で囲まれていました。

親衛隊と警察は1941年12月8日にヘウムノで殺戮を開始しました。最初は、トラックでヘウムノに移送されてきたユダヤ人の周辺住民が犠牲者でした。親衛隊幹部は医師のような白衣を着ていることが多く、移送者には、労働者としてドイツに行くが、まず入浴しなければならないと伝えました。ユダヤ人たちは家の中に連れて行かれて衣服を脱がされ、貴重品を没収されました。看守は裸の囚人たちをタラップから降ろし、50~70人を収容できるトラックの荷台に連れて行きました。トラックが満杯になると、ドアを閉めて密閉しました。機械工がトラックの排気管にチューブを取り付けてエンジンをかけ、ポンプで一酸化炭素ガスを流し込んで、囚人たちを窒息死させました。チューブを取り外した後、死体を詰んだトラックを森林収容所まで運転していき、集団墓地に遺体を投げ捨てました。まだ息のある囚人はすべて射殺されました。

1942年1月16日、親衛隊と警察は満員の貨物列車でユダヤ人をウッチゲットーからヘウムノに移送し始めました。この移送には、ドイツ、オーストリア、ボヘミア、モラビア、ルクセンブルグ出身のユダヤ人が含まれていました。ヘウムノで殺害されたその他の犠牲者には、数千人のロマ族(ジプシー)や、数百人のポーランド人とソ連の戦争捕虜が含まれていました。数十人のユダヤ人囚人はガストラックから遺体を取り出して集団墓地に埋める作業を強制されました。墓地はすぐに一杯になり、死体の腐乱臭が近隣の村に充満したため、1942年の夏、親衛隊と警察は、線路から作った野外「焼却炉」で死体を焼くように命じました。定期的に、親衛隊と警察当局はこれらの強制労働者を殺害し、新たに到着した囚人と入れ替えていました。

親衛隊と警察は1943年3月までヘウムノで虐殺を行い、ウッチゲットーの解体を早めるため、1944年6~7月の短期間に再び実行しました。1944年9月から、ユダヤ人の囚人グループは集団墓地から残りの死体を掘り出して焼却し、大量虐殺の証拠を消すように強制されました。親衛隊と警察はこの仕事が終わった後で、80人の班の約半数を射殺しました。ソ連軍が進攻してくると、ドイツ軍は1945年1月17日にヘウムノ絶滅収容所を放棄しました。