Map used as trial evidence [LCID: 2005de3g]

ホロコーストを否定する人々と誤った情報

ホロコーストの否定およびホロコーストに関する誤った情報または歪曲された事実は、反ユダヤ主義の1つの形態です。

ホロコーストを否定する人々は、事件に関する圧倒的な証拠を無視し、ホロコーストは連合軍、ソ連の共産主義者、そしてユダヤ人によるでっち上げだと主張します。ホロコーストを否定する人々の「論理」では、連合軍は1945年のドイツ占拠とナチスの被告人に対する厳しい追及を正当化するために「ホロコースト伝説」を必要としたとされます。ホロコーストを否定する人々は、ユダヤ人はドイツから多額の賠償金を得るため、そしてイスラエルの建国を正当化するために「ホロコースト伝説」を必要としたとも主張します。また、それぞれの利害のためにホロコーストを利用する第二次世界大戦の戦勝国、ユダヤ人、そしてイスラエルによる大規模な陰謀が主張されることもあります。

ホロコーストを否定する人々は、ホロコーストに関する1つの事実を疑うことができれば、ホロコーストの歴史全体も疑うことができると断言します。このような人々は、歴史的事件の証拠を無視し、ホロコースト全体の実在性を否定します。

ホロコーストを否定する人々の中には、ホロコーストの概要を示す単一の文書もホロコーストを命じたヒトラーの署名が入った文書も存在しないことを踏まえて、ホロコースト自体がでっち上げであると主張する人がいます。この議論では、ニュルンベルグで提出されたすべての証拠が否定されます。このような人は、ナチスの大量殺戮計画、および抹殺の詳細を示す命令、メモ、ノートなどの記録を嘘であると非難します。文書が偽造されたものであるという議論が難しくなると、文書の言語が意図的に間違って解釈されたという議論にすり替えます。さらに、ホロコーストを否定する人の中には、殺害における役割について証言した加害者に連合軍が拷問を加えたと主張する人や、ユダヤ人に対するナチスの犯罪について証言した生存者は自分の利益のために嘘をついていると主張する人がいます。

また、死亡したユダヤ人の中には、自然の原因で死亡した者や犯罪を犯したためにナチスによって合法的に処刑された者がいると主張する声もあります。このような人は、ユダヤ人と連合軍は、戦争中に殺害されたユダヤ人の数が意図的に誇張されていると主張します。ホロコーストを研究する歴史家は、歴史的データと人口統計データを用いた手法に基づいて、ホロコーストで殺害されたユダヤ人の数を510万人から600万人と推定しています。ホロコーストを否定する人々は、正確な数に関する不確実性をホロコーストの歴史全体が捏造である証拠とし、第二次世界大戦中に死亡したユダヤ人の数は大幅に誇張されていると主張します。

ホロコーストを否定する人の中には、ナチスはユダヤ人を殺害するためにガス室を使用しなかったと断言し、絶滅収容所の実在性を否定する人がいます。ホロコーストを否定する人々は、アウシュビッツに注意を向け、ナチスがユダヤ人を殺害するためにアウシュビッツでガス室を使用したことを否定できればホロコーストの歴史全体も否定できると考えています。

ホロコーストを否定する人々は、その視点の本質を誤魔化すために学者の形式や慣習を真似る場合があります。一般的に、このような人々は、その著作においてホロコーストを否定する他の人の著作を引用し、偽りの学術会議を開きます。

誤った情報が容易に、かつ短期間で広がるインターネット上では、ホロコーストの否定は特に問題となります。憲法修正第1項で言論の自由が保障されている米国では、ホロコーストを否定することやナチスと反ユダヤ主義の憎悪論を展開することは違法ではありません。ドイツやフランスなどのヨーロッパ諸国では、ホロコーストの否定は犯罪で、ナチスとネオナチの出版は禁止されています。今日、インターネットはホロコースト否定の主要なソースで、ホロコーストを否定する組織が賛同者を募る主な手段です。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.