<p>ワルシャワゲットー蜂起時に親衛隊に逮捕されたユダヤ人レジスタンス兵士。 1943年4月19日〜5月16日、ポーランド、ワルシャワ。</p>

ユダヤ人レジスタンス

ナチスが提唱した迫害や大量殺戮は、第三帝国自体とドイツ占領下のヨーロッパにおいて、ドイツに対するレジスタンスの勢いを強めました。 ユダヤ人はナチスの主な犠牲者でしたが、集団としても個人としても、さまざまな方法でナチスの迫害に抵抗しました。

組織化された武装レジスタンスは、ドイツ軍占領下のヨーロッパにおけるナチス政策に対するユダヤ人の最も強力な抵抗でした。 ユダヤ人市民は、占領下のポーランドやソ連の100か所以上のゲットーで武力による抵抗を企てました。 ドイツ軍がトレブリンカ絶滅収容所に残りのゲットー居住者全員を移送するという噂が流れた後、1943年の4月から5月にかけて、ワルシャワゲットーのユダヤ人は武装蜂起を起こしました。 ドイツ親衛隊と警察部隊がゲットーに侵入すると、ユダヤ人戦闘組織(Zydowska Organizacja Bojowa、ZOB)とその他のユダヤ人グループがドイツ軍の戦車を火炎瓶や手榴弾などの小型武器で攻撃しました。 ドイツ軍はこの激しい抵抗に驚きましたが、数日以内に主要な戦いに勝利を収めました。しかし、ゲットーの騒乱を完全に収め、居住者全員を移送するには、ドイツ軍の多数の精鋭戦力を動員しても1か月近くを要しました。 ワルシャワゲットーの蜂起が終了した数か月後も、個々のユダヤ人レジスタンスはゲットーの廃墟に隠れ続けました。親衛隊と警察部隊はドイツ人への攻撃を防ぐためにこれらの場所を巡回しました。

同じ年、ビリニュス、ビャウィストク、その他の多数のゲットーでも、ドイツ軍に対する反乱が起きました。 ゲットーの闘士たちの多くは、ゲットーの居住者の大部分が既に絶滅収容所に送られていること、そしてレジスタンスでさえも抵抗運動に参加できないユダヤ人たちを抹殺から救い出すことは不可能であることを理解した上で、武器を取りました。 彼らはユダヤ人の名誉と虐殺された多くのユダヤ人の報復のために戦ったのです。

何千人もの若いユダヤ人がゲットーから森林地帯に逃れて抵抗運動を続けました。 彼らはソ連のパルチザン部隊に加わったり、別個にパルチザン部隊を作って、ドイツの占領者を攻撃しました。 ユダヤ人評議会(Judenrat)の多くのメンバーは自分たちが移送される前まではドイツ軍の強制に協力的でしたが、ミンスクにいたユダヤ人評議会議長のモシェ・ジェフィは1942年7月にユダヤ人たちを移送のために引き渡すことをドイツ軍に命令された際、それを拒否して抵抗しました。

ユダヤ人の囚人は3か所の絶滅収容所で護衛兵に対して反乱を起こしました。 1943年8月にはトレブリンカで、1943年10月にはソビボルで、盗んだ武器で武装した囚人が親衛隊員やトラブニキで訓練を受けた補助部隊護衛兵を攻撃しました。 ドイツ軍と補助部隊は、暴動の発生時や逃亡した囚人たちを後日狩り出したときに、ほとんどの反抗分子を抹殺しました。 しかし、数十人の囚人は追っ手を逃れ、戦争を生き延びました。 1944年10月には、アウシュビッツ・ビルケナウ収容所で、ユダヤ人特殊別動隊(Sonderkommando)が親衛隊護衛兵に対して反乱を起こしました。 この戦闘で約250人の囚人が死亡し、反乱の鎮圧後、親衛隊の護衛兵はさらに200人を射殺しました。 数日後、親衛隊は遺体焼却炉を爆破するための爆薬をユダヤ人特殊別動隊のメンバーに提供した5人の女性を見つけました。そのうち4人はユダヤ人でした。 この5人の女性は全員殺されました。

ドイツ軍の占領下にあったか、ドイツと同盟関係にあった多くの国々では、ユダヤ人レジスタンスは主に支援活動や救援活動を行いました。 1944年、パレスチナのユダヤ人機関はひそかにハンナ・セネシュなどの落下傘部隊をハンガリーとスロバキアに送り込み、潜伏中のユダヤ人を支援しました。 フランスでは、ユダヤ人の地下活動のさまざまな分子が集合してさまざまなレジスタンスグループを形成しました。これにはフランス南部で活動を行ったユダヤ人軍隊(Armée Juive)などがあります。 多数のユダヤ人が、ベルギー、フランス、イタリア、ポーランド、ユーゴスラビア、ギリシャ、スロバキアで国民レジスタンス運動のメンバーとして戦いました。

ゲットーや収容所のユダヤ人も、さまざまな精神的抵抗の形でナチスの迫害に立ち向かいました。 彼らはユダヤ人を人類の記憶から抹消しようとするナチスの試みに対し、ユダヤ人の歴史や社会生活を維持するために努力を重ねました。 これには、 ユダヤ人文化団体の設立、宗教上の祝日や儀式の存続、秘密裏の教育の提供、地下新聞の発行、文書の収集と隠蔽などが含まれます。そのひとつがワルシャワのオネグ・シャバット・アーカイブで、1943年の解体にもかかわらず、ワルシャワゲットーのユダヤ人についての記録を伝えています。

参考文献

Ainsztein, Reuben. Jewish Resistance in Nazi-occupied Eastern Europe: With a Historial Survey of the Jew as Fighter and Soldier in the Diaspora. New York: Barnes & Noble Books, 1974.

Glass, James M. Jewish Resistance during the Holocaust: Moral Uses of Violence and Will. Houndmills, Basingstoke, Hampshire: Palgrave Macmillan, 2004.

Grubsztein, Meir, editor. Jewish Resistance during the Holocaust: Proceedings of the Conference on Manifestations of Jewish Resistance, Jerusalem, April 7-11, 1968. Jerusalem: Yad Vashem, 1971.

Gutman, Israel. The Jews of Warsaw, 1939-1943: Ghetto, Underground, Revolt. Bloomington: Indiana University Press, 1982.

Krakowski, Shmuel. The War of the Doomed: Jewish Armed Resistance in Poland, 1942-1944. New York: Holmes and Meier, 1984.

Rudavsky, Joseph. To Live With Hope, To Die With Dignity: Spiritual Resistance in the Ghettos and Camps. Northvale, NJ: Jason Aronson, 1997.

Tec, Nechama. Defiance: The Bielski Partisans. New York: Oxford University Press, 1993.