1936年ナチス政権下のベルリンオリンピック (簡約記事)

1936年8月の2週間、夏季オリンピック大会の開催中、アドルフ・ヒトラーのナチス独裁政権はその人種差別主義、軍国主義の特性を隠蔽していました。ナチス政権はオリンピックを利用して、平和的で寛容なドイツのイメージで多数の外国人観客や報道記者を惑わせました。1931年、国際オリンピック委員会は1936年夏季オリンピック大会の開催地をベルリンに決定しました。2年後、ナチ党の最高指導者アドルフ・ヒトラーがドイツの首相になりました。1936年ベルリンオリンピックのボイコット運動がアメリカ、イギリス、フランス、スウェーデン、チェコスロバキア、オランダで表面化しました。多数の国のユダヤ人選手が個人的にベルリンオリンピックをボイコットしました。しかし、米国のアマチュア体育連盟が1935年12月に参加に賛成投票すると、他の国も同調し、広範なボイコット運動は衰退しました。

ナチスは8月1~16日の夏の大会に向けて周到な準備をしました。巨大なスポーツ複合施設が建設され、オリンピックの旗とかぎ十字がベルリンの記念碑や家々を飾りました。大半の観光客はナチス政権が反ユダヤ人の看板を一時的に除去したことに気づかず、ベルリンのロマ族を警察が一斉検挙したことも知りませんでした。また、ナチス高官は外国人訪問者はドイツの反同性愛法の刑事罰の対象外であると命令しました。

1936年8月1日に、ヒトラーは第11回オリンピックを開会しました。新しいオリンピックの儀式にのっとり、古代オリンピックの開催地であるギリシャのオリンピアからリレーで運ばれてきた聖火を持つ一人のランナーが到着しました。これまでのオリンピックより多い49の競技チームが世界中から集まり、ベルリンオリンピックで競争しました。ドイツは選手348人の最大のチームを出場させました。2番目は、18人のアフリカ系アメリカ人を含む312人の米国チームでした。ソ連はベルリンオリンピックに参加しませんでした。

競技のイメージはナチスドイツと古代ギリシャを関連付け、優秀なドイツ市民は「アーリア人」文化の正当な継承者であるというナチスの人種的神話を象徴するものでした。一丸となったプロパガンダはオリンピック後も続き、1938年にはドイツの映画制作会社とナチス支持者レニ・リーフェンシュタールが監督し、議論を呼んだドキュメンタリー「オリンピア」が国際的に封切られました。ドイツは第11回オリンピックから勝利者として姿を現しました。大会後報告書が新聞社に送られ、ヒトラーはドイツ拡大のための壮大な計画を強力に推し進めました。ユダヤ人の迫害が再開されました。オリンピックの2日後、オリンピック選手村の所長、ウルフガング・フルストナーはユダヤ人の子孫であるという理由で軍を退役させされ、自殺しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.