<p>反ユダヤ主義の子供用読本の挿絵。 標識には「ユダヤ人お断り」と書かれています。 1936年、ドイツ。</p>

反ユダヤ主義

「反ユダヤ主義」という言葉は、ユダヤ人に対する偏見や嫌悪を意味します。ホロコーストは、1933年から1945年までナチスドイツとその協力者によって国家的に行われたヨーロッパ在住ユダヤ人の迫害と殺戮のことで、歴史上で最も極端な反ユダヤ主義の例となっています。 ユダヤ人に対する嫌悪、そしてユダヤ人に関連付けられることがよくあった18世紀と19世紀のさまざまな自由主義的、世界主義的、および国際的な政治傾向に対する嫌悪を意味する「反ユダヤ主義」という言葉は、1879年にドイツ人ジャーナリストのヴィルヘルム・マルが初めて使いました。 非難の対象になった政治傾向には、平等な公民権、憲法に基づく民主主義、自由貿易、社会主義、金融資本主義、平和主義などがありました。

しかし、ユダヤ人に対する一定の嫌悪感は、「反ユダヤ主義」という造語が生まれた近代以前から存在していたのです。歴史的に見て反ユダヤ主義の最も一般的な発露のひとつに、ポグロムと呼ばれるユダヤ人に対する集団的な暴力や殺戮があり、このような行為はしばしば政府当局によって助長されてきました。ポグロムは、ユダヤ人がキリスト教信者の子供の血を儀式に使用したというデマ(血の中傷)が引き金となることがよくありました。

近代になると、反ユダヤ主義の嫌悪のイデオロギーに政治的な要素が加わりました。19世紀後半には、反ユダヤ主義の政党がドイツ、フランス、オーストリアで結成されました。 「シオン賢者の議定書」などの出版物により、ユダヤ人による国際的陰謀という欺瞞的な憶測が支持されるようになりました。反ユダヤ主義の政治利用における重要な要素は民族主義であり、その信奉者たちはしばしばユダヤ人を不忠実な市民として不当に非難してきました。

19世紀、ユダヤ人の精神をゲルマン民族に敵対するものと見なしていたドイツ人哲学者、学者、芸術家たちは、外国人を排斥する「フェルキッシュ運動」(民族運動)を組織し、この運動によりユダヤ人の概念は「非ドイツ人」として形作られました。 民族人類学の理論家は、この概念に対する疑似科学的な裏付けを提供しました。1919年にアドルフ・ヒトラーに率いられて結成されたナチ党は、人種差別主義の理論に政治的な意味合いを付加しました。ナチ党が人気を博した理由の1つは、反ユダヤのプロパガンダを広めたことにあります。 何百万人もの人々が、ドイツからのユダヤ人の排除を求めるアドルフ・ヒトラーの著書「Mein Kampf(我が闘争)」を購入しました。

1933年に政権を握ったナチ党は、反ユダヤ人主義の経済的ボイコットを指示し、儀式的な焚書を行い、差別的な反ユダヤ人主義の法律を成立させました。 1935年、ニュルンベルク法は、ユダヤ人を「血筋」により人種的に定義し、いわゆる「アーリア人」と「非アーリア人」との間の徹底的な区別を命じ、人種差別階層を立法化しました。 1938年11月9日の夜、ナチスによってドイツとオーストリア全土のシナゴーグとユダヤ人所有の店舗の窓が破壊されました(「水晶の夜」と呼ばれる暴動)。 この暴動は殺戮の時代への移行として位置づけられ、ナチスの反ユダヤ主義の焦点はジェノサイドという単一の目的に絞られました。

資料

Burleigh, Michael. The Racial State: Germany 1933-1945. New York: Cambridge University Press, 1991.

Wistrich, Robert S. Antisemitism: The Longest Hatred. New York: Pantheon Books, 1991.

*****

Ben-Itto, Hadassa. The Lie That Wouldn't Die: The Protocols of the Elders of Zion. London: Vallentine Mitchell, 2005.

Levy, Richard S., editor. Antisemitism: A Historical Encyclopedia of Prejudice and Persecution. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO, 2005.

Parkes, James W. Antisemitism. London: Valentine, Mitchell, 1963.

Poliakov, Leon. The History of Anti-Semitism. Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 2003.