<p>占領した労働組合の建物の入口を封鎖するナチスの突撃隊(SA)。SAは、全国の労働組合事務所を占領し、労働組合の解散を強制した。1933年5月2日、ドイツ、ベルリン。</p>

ナチスの支配

ナチスの支配 アドルフ・ヒトラーは1933年1月30日にドイツの首相に任命され、ドイツの民主主義に終止符が打たれました。人種差別主義と全体主義に導かれたナチスは基本的な自由を廃止し、「民族(Volk)」共同体の形成を求めました。理論的には「民族」共同体は、ヒトラーの支配下でドイツのすべての社会階級と地域を統合するはずでした。実際には、第三帝国は急速に、個人が強制逮捕と投獄の対象となる警察国家となったのです。

ヒトラーは首相に就任した最初の数か月で、「同一化」という協調政策を開始し、組織や政党、国家政府をナチスの目標に強制的に従わせ、ナチス指導の配下に置きました。文化、経済、教育、法律は、ナチスの幅広い管理下に置かれました。商業組合は廃止され、労働者や従業員、雇用主はナチスの組織に強制的に組み込まれました。1933年7月中旬までに、ナチ党がドイツで唯一認可された政党となりました。ライヒスターク(ドイツ議会)はヒトラーの独裁体制を承認しました。総統の意思は政策の基盤となりました。

ナチ党員を政府要職に任命することにより、政府高官に対するヒトラーの権限が強化されました。ナチ党の指導原則によると、権限は上層部から下され、ナチスの各階層で上司への絶対服従が求められました。ヒトラーは第三帝国の支配者となったのです。

重要な日付

1933年2月27日
ライヒスターク(ドイツ議会)建物の焼失

ベルリンにあるライヒスターク(ドイツ議会)の建物が焼失したのは共産党による放火のせいだと宣言したアドルフ・ヒトラーは、この事件を利用してドイツの強大な権力を掌握します。ヒトラーは、非常事態を宣言するようパウル・フォン・ヒンデンブルク大統領を説き伏せます。したがって、憲法によって保護されていた個人の自由は棚上げにされます。

1933年3月5日
ライヒスターク(ドイツ議会)選挙でナチスが過半数議席を獲得できず

1933年2月の非常事態宣言とアドルフ・ヒトラーが掌握した強大な権力にもかかわらず、議会選挙でナチスは過半数議席を獲得できません。ナチ党は投票総数の45%しか獲得していません。1933年3月後半にヒトラーは、ドイツ議会に決議案を提出せずに法律を布告できる権限を自らの政府に与える法案を導入します。投票前に共産党や社会党の多くの反対議員が逮捕されるため、この法案は通過します。

1933年3月23日
ヒトラーに立法権を与えることにライヒスターク(ドイツ議会)が賛成

ナチ党が議会で過半数を獲得できなかった事件の後、アドルフ・ヒトラーは自国政府に立法権を与える法案を導入します。「授権法」と呼ばれるこの法案をナチ党、保守党、カトリック中央党が支持します。この法案により、4年間ドイツ議会に決議案を提出せずに法律を布告できる権限がヒトラー政権に与えられます。共産党や社会党の多くの反対議員は投票前に逮捕されました。このため、残りの社会党議員のみが法案に反対票を投じます。法案は可決されます。ヒトラーは即刻、ナチ党を除くドイツ国内のすべての政党を違法とします。

1934年6月30日
長いナイフの夜事件

突撃隊(SA)幹部やその他ヒトラー政権に反対する人々が粛清されます。この粛清は「長いナイフの夜事件」として知られ、80名以上の突撃隊幹部が逮捕され、裁判を受けずに銃殺されています。ヒトラーは、粛清は突撃隊による反乱計画に対応したものであると主張します。突撃隊はエルンスト・レーム指導の下でドイツ国軍に取って代わろうとしていました。レームを排除したヒトラーはドイツ国軍から多大な支援を得ます。

1934年8月2日
フォン・ヒンデンブルク大統領が87歳で死去

ドイツ大統領であるパウル・フォン・ヒンデンブルクが87歳で亡くなりました。ヒンデンブルクの死去に伴い、アドフル・ヒトラーは大統領の権限を引き継ぎます。軍隊は、ヒトラーに個人的な忠義を誓います。ヒトラーの独裁は、第三帝国大統領(国家元首)、第三帝国首相(政府指導者)、および総統(ナチ党党首)としての地位に依存しています。ヒトラーの正式な役職名は今や「指導者兼国家宰相」となります。