第一次世界大戦 (簡約記事)

第一次世界大戦は20世紀の最初の大きな国際的対立を示していました。ハプスブルグ大公フランツフェルディナンドの暗殺がきっかけとなって、1914年8月に戦闘が始まり、その後4年間で複数の戦線が相次ぎました。第一次世界大戦中、協商国(連合国)--イギリス、フランス、セルビア、ロシア帝国(後にイタリア、ギリシャ、ポルトガル、ルーマニア、アメリカ合衆国が加盟)と中央同盟国--ドイツとオーストリア・ハンガリー(後にオスマントルコとブルガリアが加盟)が戦いました。戦争が犠牲の大きい戦闘と塹壕戦という膠着状態に入って行き詰ると、初期の意気込みは消えていきました。西部戦線の塹壕と防御設備の領域は最長760 kmまで拡大しました。東部戦線の拡大は大規模な塹壕戦を防ぎましたが、衝突のスケールは西部と同様でした。激しい戦いはイタリア北部、バルカン半島、オスマントルコでも勃発しました。戦闘は海、そして初めて空中でも行われました。

第一次世界大戦は近代史で最も破壊的な戦争の1つでした。1,000万人近い兵士が戦死し、この数字はそれまでの100年間のすべての戦争における軍人の死者数を遥かに超えていました。2,100万人が戦闘で負傷したと推定されています。大量の死傷者が出た原因の1つは、機関銃や毒ガス戦のような新兵器の導入でした。1916年7月1日は一日で最大の人命が失われた日で、ソンムの英国軍だけで5万7,000人以上の戦死者を出しました。ドイツとロシアは軍人の死者数が最大で、それぞれ177万3,700人と170万人でした。フランスは動員兵力の16パーセントを失いました。学者たちによると、最大1,300万人の非戦闘員が戦闘の直接的または間接的な結果として死亡しました。史上最も致命的なインフルエンザ「スペイン風邪」の大流行で、終戦が近づくにつれて死亡率が急上昇しました。何百万人もが住居を追われたり被災したりしました。財産や産業の損失は、戦闘が最も激しかったフランスとベルギーでは特に破滅的でした。

1918年11月11日の午前11時に、西部戦線で戦いが終わりました。第一次大戦は終結しましたが、対立の国際的、政治的、経済的、社会的な分野に対する多大な影響がその後何十年も続いたのです。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.