歴史映画の場面

ワルシャワのユダヤ人評議会議長、アダム・チェルニャクフ

ドイツ軍は1939年9月にワルシャワに侵入し、その翌月、この町にユダヤ人評議会の設立を命じました。 ドイツ軍は、ワルシャワの旧ユダヤ人コミュニティ評議会のメンバーであったアダム・チェルニャクフを議長に選びました。 ここではドイツのニュース映画制作のために、ドイツの宣伝会社がチェルニャクフとゲットーからの請願者たちとの会合を仕立てています。 ドイツ側は、強制労働の要求とユダヤ人所有物の没収を含むドイツの命令をチェルニャクフが遂行することを予期していました。 チェルニクフ自身は、ドイツ側の措置の残忍性を緩和し、食料配給所、ワークショップ、および職業学校の設立を求めました。 彼は根強く条件の改善を懇願しました。 チェルニクフは、移送の対象となったユダヤ人の一斉検挙に協力するというドイツ側の要求に従う代わりに、1942年7月に自殺を選んだのです。


タグ


  • Grinberg Archives
詳細

Share This