歴史映画の場面

米国に向けて旅立つ難民

第二次世界大戦後、ヨーロッパの連合国は数百万の難民(DP)をドイツから祖国に帰還させました。 残りの150万〜200万のユダヤ人およびユダヤ人以外の難民は、戦前住んでいた家に戻ることを拒んだか、戻ることができませんでした。 他のヨーロッパ諸国や米国がこれらの難民を大量に受け入れることは、移住制限により阻止されていました。 彼らは別の国への定住が決まるまで、占領下のドイツに残っていました。 この映像には、戦後4年以上も経ってから、ミュンヘンの難民が所持品をまとめて、米国に向けて米国の航空機に乗り込む様子が収められています。


  • National Archives - Film
詳細

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.