歴史映画の場面

エビアン会議が難民の援助に失敗する

1938年7月6日〜15日の期間、ユダヤ人難民問題について話し合うために32か国の代表者がフランス、エビアン市のローヤル・ホテルに集結しました。 難民はドイツでのナチスによる迫害から逃れようと必死になっていましたが、他国での定住許可なしに自国を去ることはできませんでした。 しかしエビアン会議が終わっても、大半の参加国の移民方針はほとんど変更されませんでした。 主要国である米国、イギリス、およびフランスは、無制限の移住に反対し、ドイツのユダヤ人難民問題の緩和に対して公式な措置を講じる意向がないことを明らかにしました。


  • UCLA Film and Television Archive

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.