歴史映画の場面

ハダマルでの発掘

ハダマル精神病院は、1941年1月から8月まで、安楽死絶滅収容所として使用されました。ナチスの医師は、そこで約10,000人のドイツ人患者をガスで殺害したのです。 計画的なガス殺害は1941年9月に終わりましたが、患者の殺害は戦争が終わるまで継続されました。 この映像は、アメリカ人兵士がハダマルの墓地の発掘を監督し、殺害に加担したアドルト・ヴァルマン医師とカール・ヴィリヒへの尋問を開始したものです。


  • Grinberg Archives

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.