アニエス・マンデル

アニエス・マンデル

生まれました: October 26, 1918

ハンガリー、ブダペスト

アニエスは10代のころ、ハンガリーの改革派教会が運営するブダペストの有名なバールマダス私立学校に通っていました。アニエスは学校でただ1人のユダヤ人でしたが、両親は娘には優れた教育を与えることが重要だと考えていました。アニエスの父親は布地の輸入業者で、娘に独立心を植えつけようとしたのです。

1933年〜1939年: 1936年、私は、イタリアのマリア・モンテッソーリの下で教育技術を学び、免状をもらいましたので、教職につくことができるようになりました。私は、フランス語が上達するように、1939年スイスに行きました。ジュネーブ湖で友達と泳いでいた9月9日、シオニスト会議に参加していたポーランド系ユダヤ人達に会いました。突然、ドイツがポーランドを制圧したというニュースが飛び込んできたのです。驚愕したポーランド人達は水着姿のまま、家族と連絡を取ろうとしました。

1940年〜1944年: 1944年、ブダペストで、私はスウェーデン人の外交官、ラウル・ワレンバーグの下でユダヤ人を救うために働いていました。その年の12月、ファシスト達は、ユダヤ人たちをドナウ河の土手で銃殺するよう命令を出しました。ユダヤ人達は3人一組で縛られ、真ん中にいる者が撃たれ、そのまま3人とも河へ落ちて行くのです。ワレンバーグは自分の職員に「泳げる者がいるか?」と訊ね、私は自分が泳げると答えました。私達は水辺に駆けつけました。そしてグループが水に落ちたとき、私たちも氷のような河に飛び込んだのです。私達は50人の人たちを助けました。その後、私は病気になり、1日半もの間意識がありませんでした。

戦争後、アニエスはスウェーデンおよびオーストラリアに行き、1951年、米国に移住しました。アニエスは、その後、ワレンバーグと彼の功績についての発表や講演に身をささげました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.