インゲ・アウアーバッハ

インゲ・アウアーバッハ

生まれました: December 31, 1934

ドイツ、キッペンハイム

インゲは、ベルトホルド・アウアーバッハと妻のレジーナ一人娘でした。彼らはドイツ南西部の黒い森に近い村、キッペンハイムに住む信心深いユダヤ人でした。 彼女の父は布地を扱う商売をしていました。 一家は17室もある大きな家に住み、家事を助ける使用人を雇っていました。

1933-39: 1938年11月10日に暴漢たちが石を投げ、家の窓をすべて壊しました。 同じ日に警察が父と祖父を逮捕しました。 母と祖母と私は、落ち着くまで納屋に隠れていました。 私たちが外に出たとき、町のユダヤ人男性はダッハウ強制収容所に連行された後でした。 父と祖父は数週間後に家に戻ることを許されましたが、祖父は5月に心臓発作で亡くなりました。

1940-45: 私は7歳のとき、両親と一緒にチェコスロバキアのテレージエンシュタットのゲットーに移送されました。 到着すると、着ていた服と人形のマレーネ以外の持ち物をすべて取り上げられました。 強制収容所の状態は過酷なものでした。 ジャガイモがダイヤモンドのように貴重でした。 私はほとんどいつも体の具合が悪く、お腹をすかせて脅えながら過ごしました。 8歳の誕生日に両親は私に、砂糖を振りかけた小さなジャガイモのケーキをプレゼントしてくれました。9歳の誕生日には古い布で縫った人形の服を、10歳の誕生日には母が書いた詩をプレゼントしてくれました。

1945年5月8日インゲと両親は、3年近くを過ごしたテレージエンシュタットのゲットーから解放されました。 彼らは1946年5月に米国に移住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.