セルマ・ウィンブルグ

セルマ・ウィンブルグ

生まれました: May 15, 1922

オランダ、グローニンゲン

セルマは、4人の子供がいたウィンブルグ家の末っ子で、唯一の女の子でした。彼女が7歳の時、彼女の家族はオランダのズボーレという町で事業を始めるために、グローニンゲンを離れました。両親は地域でユダヤ人の出張ビジネスマンに人気の小さなホテルを経営していました。毎週金曜日には牛の市場が立ち、多くの牛の売人がコーヒーを飲んだり、ビジネスの話をするために、彼らのホテルにやって来ました。

1933年〜1939年: 私たちの母は信仰深い人だったため、自宅では私たちはユダヤ教の伝統を守っていました。そして、ホテルでは、ユダヤ教の食事の戒律を守っていました。金曜日夕方の祈りの終わりに、私たちは自宅のテーブルを囲んで集まり、ヘブライ語の歌を歌っていました。また、毎週土曜日シナゴーグに行き、贅沢な食事を取るために家に戻りました。私はシオニスト活動を非常に活発に行い、毎年夏にはシオニストのキャンプに参加していました。

1940年〜1944年: 1940年5月、ドイツ軍はオランダに侵攻し、1943年、私はソビボルの死の収容所に移送されました。私は、作業のために生かされたわずかな人間のうちの1人でした。ソビボルでの最初の日の終わり、第1収容区のオープンエリアに点呼のために集められました。そのとき、第3収容区で火の手があがり、肉が燃えているような悪臭が立ち込めました。誰かが「あの火が何を意味するのか知っているか?」と尋ねてきましたが、私は首を横に振りました。彼は、移送されてきた人々の遺体を焼く火だと説明しました。それから、ドイツ兵士は囚人にバイオリンを演奏させ、私たちには2人組で踊るように命令しました。

セルマは、彼女が知る限り、ソビボル絶滅収容所を生き延びた唯一のオランダ生まれの収容者でした。戦後、彼女は結婚しました。1957年、彼女と彼女の夫は米国に定住しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.