詳細
地図

ドイツ占領下のヨーロッパからの逃亡経路、1942年

ドイツ占領下のヨーロッパのほとんどで、ドイツはユダヤ人を一斉検挙し、占領下のポーランドにある絶滅収容所に移送しました。 隠れたり、ドイツ占領下のヨーロッパから避難したりして生き残ったユダヤ人もいました。 ドイツ占領下のヨーロッパからの逃亡経路は、交戦国(ソ連など)、中立国(スイス、スペイン、スウェーデン、トルコなど)、およびドイツの同盟国(イタリアやドイツ占領前のハンガリーなど)につながっていました。 ソ連に対するドイツの攻撃後、100万人を超えるソ連在住のユダヤ人が東へ避難し、ドイツ軍の進攻から逃がれました。 何千人ものユダヤ人がブルガリアやルーマニアの黒海沿岸の港を発ち、パレスチナへ逃げ延びようとしたのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Escape routes from German-occupied Europe, 1942 [LCID: eur78890]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.