救援 (簡約記事)

ホロコーストにおけるユダヤ人の殺害について、ほとんどのヨーロッパ人やその他の協力者たちは無関心でしたが、ヨーロッパ各国の人々やさまざまな宗教の信者たちの中には、自らの命を危険にさらしてユダヤ人を助けた人々がいました。救援活動は、個人による独立した行動から、大小の組織化されたネットワークに至るまで、さまざまでした。1943年の秋には、ドイツ占領下のデンマークのレジスタンス運動によって救援作戦が計画され、漁師たちが(同国のユダヤ人7,800人のうち)7,200人のユダヤ人をひそかに小型漁船で中立的なスウェーデンまで無事に送り届けました。占領下のポーランドでは、1942年7月後半にワルシャワゲットーのユダヤ人がトレブリンカ絶滅収容所に移送され始めてから、1944年秋にドイツ占領軍によってワルシャワが根こそぎ破壊されるまで、ポーランド市民の支援により、2万人近くのユダヤ人がワルシャワおよびその近郊に潜伏していました。一部のヨーロッパの教会、孤児院、家庭はユダヤ人に隠れ家を提供し、すでに潜伏中のユダヤ人を個人が支援することもありました(オランダのアンネ・フランク一家の場合など)。フランスでは、ル・シャンボン・シュール・リニョンという小さな村のプロテスタント住民たちが数千人の難民を保護しました。難民のほとんどはユダヤ人でした。

数多くの個人も独自の影響力を駆使してユダヤ人を救援しました。ブダペストでは、スウェーデン外交官ラウル・ワレンバーグ、スイス外交官カール・ルッツ、イタリア人市民ジョルジョ・ペルラスカ(スペイン外交官を装う)が、ドイツの同盟国であるハンガリー政府によって定められた反ユダヤ政策を、ほとんど免除する証書を数万人のユダヤ人に対し発行しました。ブルガリアでは1943年、主な政界実力者、知識人、聖職者による公開の異議申し立てにより、同国の旧国境内に住むユダヤ人の移送要求に従おうとする政府の決定を取り消すようボリス3世を説得しました。ポーランド亡命政府の密使であったヤン・カルスキは、ロンドンの活動拠点からナチスのユダヤ人殺害計画を公表しようとしました。カルスキは、1943年7月に会ったフランクリン・D・ルーズベルト大統領をはじめとする連合国首脳に、大量殺戮の報告書を提出しました。米国を拠点とする一部のグループも救援活動を行いました。クエーカーのアメリカフレンズ奉仕団、ユニテリアン派の信者などのグループは、フランス、ポルトガル、スペインのユダヤ人難民の救援活動に従事しました。宗教色があるかどうかやユダヤ人であるかどうかにかかわらず、その他のさまざまなアメリカ人グループが1934年から1942年にかけて、約1,000人の保護者のいないユダヤ人難民の子供たちのために、米国への入国ビザの取得、移住先の手配、場合によっては本国への送還を支援しました。