詳細
地図

セントルイス号の航海記、1939年5月13日〜6月17日

SS「セントルイス号」の航海記には、本国で迫害され、外国で冷遇されたドイツ系ユダヤ人の避難民の窮状が示されています。1939年5月13日にドイツの遠洋定期外洋船SS「セントルイス号」は約1,000人のユダヤ人避難民を乗せてドイツを出航しました。 避難民の行き先はキューバでしたが、彼らが到着する前にキューバ政府は上陸許可を取り消しました。 「セントルイス号」は1939年6月にヨーロッパに引き返すことを余儀なくされました。しかし、英国、フランス、ベルギー、およびオランダが足止めされた避難民の受け入れに同意しました。 ドイツ軍が1940年に西ヨーロッパを占領した後、これらの国に入国した多くの「セントルイス号」の乗客や他のユダヤ人避難民は、ナチスによるヨーロッパ在住ユダヤ人の殺害計画である「最終的解決」で捕らえられました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

前の記事

Voyage of the "St. Louis," May 13-June 17, 1939 [LCID: wor78050]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.