証言者の歴史

ハナ・ミューラー・ブラムル

1942年、ハナは他のユダヤ人と共にテレージエンシュタットのゲットーに収容され、そこで看護師として働きました。 そこでは伝染病と貧困が広がる中、住民たちがオペラや討論会、詩の朗読などを行っていました。 1944年、彼女はアウシュビッツに移送されました。 1か月後、ハナはザキッシュのグロス・ローゼン収容所に送られ、そこで飛行機の部品を作る強制労働に従事しました。 ハナは1945年5月に解放されました。

謄本

収容所に到着後、服を脱ぎ、裸で靴だけを履いて廊下を歩かされました。 親衛隊員の1人が私たちの胸や腹部を見て、妊娠していないかを調べました。 妊婦は列から引き抜かれました。 私たちが裸で立っているところに、兵士が胸や腹を見にやってくるのでした。 次に部屋に入れられて、そこで髪を剃られました。 ある髪の長い女性が頭の半分だけ剃られて、半分はまだ長い髪が残っているのを見ました。 私はヘアピンを持っていました。彼女を見ながら、私はヘアピンを隠しました。 いつか髪が伸びたら、またヘアピンが必要になると思ったのです。 突然、頭を丸坊主に剃られた人たちが目に入りました。完全に丸坊主になると、誰もが猿のように見えました。 本当に猿のようでした。 それだけでなく、たった1本の剃刀で何百人もの頭を剃ったのです。 それはドイツ人特有の綿密さで行われました。陰毛も剃ったのです。たった1本の剃刀で何百人もの陰毛を剃ったのでした。 衛生というものはまったく考慮されていませんでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.