証言者の歴史

パット・リンチ

パットはヨーロッパの強制収容所の解放時に避難病院で働いた数千人の米国人看護婦の1人でした。 彼女は収容所の生存者を看護しました。解放されたとき、彼らの多くは重体でした。

謄本

まず、点滴を始めるのはほとんど不可能でした。ここでは彼らは飢餓状態にあり、突然液体を注入し始めたら、心臓や肺に負担が掛かりすぎるためです。それは無理な状態でした。 ここでは、彼らは食べ物を長いこと口にしておらず、飲み込むことさえできなかったのです。 しかし、我々は点滴を非常に慎重に、そして非常にゆっくりと始めていきました。 そして、薬用スポイトで栄養を与えたのです。その後、彼らを抱き起こし、小さなクラッカーか何かを与えようとしたのですが、飲み込むことはできませんでした。 彼らは長いこと何も飲み込んでいなかったのですが、このようにさすることで、スプーンでわずかな飲み物を与え、このようにさすってあげると、やっと飲み込むことができたのです。ただ、 彼らの側には大きな古いボウルがありました。中身はなんだかよくわかりませんが、スープのようなものがずっと置いてあったのです。まるで食料を与える見せかけであるかのように、大きな古い木製のボウルと、大きなテーブルスプーンが置いてありました。 ですが彼らは衰弱しすぎていてそのボウルに手を延ばしてスプーンを持ち上げることはできず、そして口に入れることもできなかったのです。なぜかというと、彼らの口は固くこわばっていて、その食べ物が何であれ、口を開けてそれを食べることができなかったのです。この食べ物は3日くらいそこに置かれたままになっていたと思われます。


詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.