証言者の歴史

パット・リンチ

パットはヨーロッパの強制収容所の解放時に避難病院で働いた数千人の米国人看護婦の1人でした。 彼女は収容所の生存者を看護しました。解放されたとき、彼らの多くは重体でした。

謄本

彼らはとてもやせ細っていました。 彼らを抱き上げることさえできなかったのです。 抱き上げようとはしたのですが、実際にそうしたら、皮膚を引き裂いてしまう危険がありました。 ですから、非常に慎重に彼らを外に移動しなければなりませんでした。 肌の状態はまったくひどいものでした。 運ぶには少なくとも3人の人手が必要でした。1人が頭を支え、もう1人が足を支えて非常に慎重に持ち上げて外に運び、その場所の外に運び出したのです。 我々は外にテントを張って、簡易ベッドと清潔なシーツを用意していました。 ですから彼らをそこに連れて行ったのです。 または、近くに病院があった場合は、その病院に行って支配下に収め、そこに連れて行ったのです。 しかし、発疹チフスには、それが主な問題だったのですが、薬がなく、単に補助的な治療を施し、水分を与えることしかできませんでした。彼らには飲む力が残っていなかったので、薬用スポイトで水分を流し込んだのです。 そして、皮下注射をすることはできませんでした。針を刺す場所がどこにもなかったのです。 皮膚は全くなく、筋肉もなく、ただ骨と皮ばかりでした。 注射のできる場所はどこにもなかったのです。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.