Category: Song

Clear All
  • 子猫はお腹を空かせている

    音楽

    モルデチャイ・ヤルデイニは、1877年にポーランドのクラクフに生まれたイデッシュの民俗詩人であり、ソングライターでもありました。ヤルデイニは3人の娘たちのために詩を書き、朗読しました。その詩は即興のメロディーの歌詞として書かれ、ほとんどの歌が日記の記述に似ています。ヤルデイニの詩の多くは、1920年〜1930年代の東欧のユダヤ人の生活をテーマとしたものです。子守唄「Hungerik dayn ketsele」(子猫はお腹を空かせている)は、1920年代初期にさかのぼります。空腹の子供に語りかける歌詞は、当時の飢えと貧困を呼び起こします。

  • 我らの町が燃えゆく

    音楽

    モルデチャイ・ゲビルティグは、1877年にポーランドのクラクフに生まれたイディッシュの民俗詩人であり、ソングライターでもありました。 1936年にポーランドの町、プシティクのポグロムの後、彼は「Undzer shtetl brent!(我らの町が燃えゆく)」を書きました。 戦争中、この歌はクラクフゲットーで人気となり、若者たちがナチスに対して武器を取って立ち上がるインスピレーションとなりました。 その後、他の多くのゲットーや収容所でも歌われるようになり、ポーランド語を始めとして、数か国語に訳されました。 ゲビルティグは1942年6月、クラクフゲットーでユダヤ人移送のための一斉検挙の際に殺害されました。

    今日、「我らの町が燃えゆく」は最も頻繁に歌われる追悼歌の1つとなっています。

  • 春なのに

    音楽

    モルデチャイ・ゲビルチグは、1877年にポーランドのクラクフに生まれたイディッシュの民俗詩人であり、ソングライターでもありました。 1942年、ゲビルチグはクラクフゲットーに監禁されました。「春なのに」を書いたのは1942年4月でした。この歌詞は、ゲットーの生活の荒涼と絶望感を描いています。

    タグ: ゲットー

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.