音楽

春なのに

元のタイトル: 春なのに

演奏者: ダニエル・ケンピン
作詞家: モルデチャイ・ヤルデイニ
作曲家: モルデチャイ・ゲビルチグ/ダニエル・ケンピン

タグ

ゲットー

モルデチャイ・ゲビルチグは、1877年にポーランドのクラクフに生まれたイディッシュの民俗詩人であり、ソングライターでもありました。 1942年、ゲビルチグはクラクフゲットーに監禁されました。「春なのに」を書いたのは1942年4月でした。この歌詞は、ゲットーの生活の荒涼と絶望感を描いています。

木々に、野原に、森林に春が訪れている、
でも、ここゲットーは今も冷たい秋の日々。
でも、ここゲットーには陰鬱と荒涼しか見られない。
喪に服す家のように、悲しみに沈んでいる。

春の訪れ! 野原には草木が植えられた、
でもここには絶望の種だけが撒かれた。
そびえる壁に取り囲まれ、
暗い夜を囚人のように見張られて過ごす。

春がすでに訪れた! まもなく5月になる。
でもここでは、風が運ぶのは火薬と鉛の臭いだけ。
絞首刑執行人が血塗られた剣で耕した、
巨大な墓地、それがこの地だ。