アニメーションマップ

第二次世界大戦とホロコースト

ホロコーストは、1933年から1945年の間、ナチスドイツとその協力者が行った、ヨーロッパ在住のユダヤ人の国家的および組織的な迫害および殺戮でした。主な犠牲者はユダヤ人で、600万人が殺害されました。 ロマ(ジプシー)の人々、身体障害者および精神障害者、ポーランド人も、人種的、民族的、国家主義的理由により破壊と殺戮の対象となりました。 ナチスの圧制の下、同性愛者、エホバの証人、ソ連の戦争捕虜、政治犯などの数百万人の人々も痛ましい迫害を受け、そして死亡しました。

謄本

ホロコーストは、1933年から1945年の間、ナチスドイツとその協力者が行った、ヨーロッパ在住のユダヤ人の国家的および組織的な迫害および殺戮でした。主な犠牲者はユダヤ人で、600万人が殺害されました。 ロマ(ジプシー)の人々、身体障害者および精神障害者、ポーランド人も、人種的、民族的、国家主義的理由により破壊と殺戮の対象となりました。 ナチスの圧制の下、同性愛者、エホバの証人、ソ連の戦争捕虜、政治犯などの数百万人の人々も痛ましい迫害を受け、そして死亡しました。

ナチ党がドイツの政権を掌握したのは1933年。ナチスは、ドイツ人は生物学的に「優れた」人種であり、「劣った」人種との生存競争で絶滅の危機に瀕していると信じていました。 彼らは、特にユダヤ人を「ゲルマン民族(アーリア民族)」にとって生物学的な脅威であると見なしました。

アドルフ・ヒットラーは中央ヨーロッパにおけるドイツの覇権を拡大することに着手し、1938年から1939年にかけて、さらにオーストリアを併合してチェコスロバキアを解体しました。

水晶の夜の暴力行為の余波で、ナチスはドイツとオーストリアに居住するユダヤ人の最初の組織的な強制連行制度を導入しました。 ナチスドイツは水晶の夜以降、約30,000人のユダヤ人男性をダッハウおよび他の強制収容所に移送しました。

ドイツは1939年9月にポーランドに侵攻、第二次世界大戦が始まりました。 数週間後、ポーランド軍が敗北すると、 イギリスとフランスがポーランド支持を表明し、ドイツに宣戦布告しました。 ドイツとの密約により、ソ連軍は1939年ポーランド東部を占領しましたが、1941年まで公式には中立的立場をとっていました。

ドイツ軍は、「優れたゲルマン民族」の新しい生活圏を創出するために数万人のポーランド人を殺害したり移住させたりし、 空き家となった家屋にはドイツ人家族が住み始めました。 ドイツ政府当局はユダヤ人をゲットーに強制的に移動させ、ナチスドイツの監視の下で厳しい暮らしを強いたのです。

その後2年間、連勝を続けたドイツ軍は、デンマークとノルウェー、低地帯(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)、フランスに侵攻しました。 ドイツ軍が1940年6月にパリに侵攻していたとき、ドイツの枢軸同盟国であったイタリアがイギリスとフランスに宣戦布告をしました。

その間、ソ連軍はフィンランドを攻撃、ルーマニア東部の国境沿いの2つの地方を併合し、バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)を占領しました。 スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、のちにフィンランドやクロアチアがドイツと同盟関係にありました。 1941年春、枢軸国はユーゴスラビアを分割占領し、ギリシャを占領しました。

1941年6月、ドイツはソ連を攻撃し、 ソ連領土の内部に侵攻していきました。 この戦争はイデオロギー戦争でもありました。 ドイツの戦闘部隊に続き、移動虐殺部隊(アインザッツグルッペン)、ドイツ秩序警察の大隊、と他の親衛隊部隊が、ドイツ陸軍の支持を受けながら、ユダヤ人や他の人々を大量射殺しました。 150万人のユダヤ人の男性や女性、子供が射殺され、 ドイツの警察および軍当局も占領下のユーゴスラビアとポーランド東部でユダヤ人を大量射殺しました。

ソ連のレジスタンス活動が勢いを増した結果、ドイツの侵攻が止まり、レニングラードやモスクワなどの主要都市のドイツによる占領は阻止されました。 1942年夏のドイツからの二度目の攻撃で、ドイツ軍はソ連領土を侵犯して東南はボルガ川、北はコーカサス地方に侵入しました。

ドイツ軍が東で侵攻を停止すると、ナチスドイツは、ヨーロッパ覇権の地固めに着手しました。 また、1942年には、ナチスが管理または占領していた地域にもユダヤ人の組織的殺戮を拡大させました。 ナチスドイツの親衛隊と警察の将校らは、ユダヤ人の人口が比較的多く、居住密度が高かった、占領したポーランドに絶滅収容所を設立しました。 この収容所には、ドイツが占領したヨーロッパ全域のユダヤ人が主に鉄道で移送されてきました。 殺害の基本的な方法は一酸化炭素ガスやチクロンBガス(シアン化水素)でした。

1942年後半から1943年前半にかけてソ連軍が反撃し、ドイツの占領から領土を解放し始めました。 ヨーロッパ西部では連合国軍が同年夏にシチリアとイタリア本土を侵攻。 1944年6月、連合国軍はフランス北部に上陸して西ヨーロッパの解放作戦を展開し、 その間、ソ連軍は東部からドイツの東部国境線に進軍しました。

連合国軍は、ドイツ軍を退却させている間、数万人の強制収容所の囚人に遭遇しました。 多数の囚人が連合国軍の手に陥ることを阻止するため、ナチスドイツは、多くの収容所を強制的に引き払い、数千人の人々をドイツ内陸部に強制的に連行していき、 人々はこの強行軍を「死の行進」と呼びました。

1945年春までに、他の強制収容所でも劣悪な条件が多くの人々の命を奪いました。 過密、衛生状態の悪化、物資不足により集団死が発生し、 1945年1月、強制収容所の囚人の約半分が終戦を待たずに死んでいきました。

1945年5月、ドイツ軍の無条件降伏により、ヨーロッパは終戦を迎えました。ナチスドイツとその協力者たちは、ヨーロッパに居住するユダヤ人の3人に2人を殺害したほか、ユダヤ人以外の数百万の人々も殺害しました。 数世紀にわたってヨーロッパで形成されてきた数百のユダヤ人共同体が、現在、ホロコーストと呼ばれる大規模な迫害により永久に姿を消したのです。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

Share This