アドルフ・アイヒマン (簡約記事)

アドルフ・アイヒマンはホロコースト中、ヨーロッパのユダヤ民族の移送で中心的な役割を果たした1人でした。ドイツで生まれましたが、少年時代にオーストリアに移住しました。1932年にアイヒマンはオーストリアのナチ党と親衛隊に加入し、すぐにナチス組織の一兵卒から昇進しました。1938年3月、ドイツのオーストリア併合後、アイヒマンはウィーンでユダヤ人移住局を組織し、1938年8月から1939年6月にかけて11万人のオーストリア系ユダヤ人の移住を「促進」しました。ウィーンの移住局は移住の強制に成功したので、第三帝国中のユダヤ人移住局の模範となりました。1939年9月に国家保安本部の設立後、アイヒマンはゲシュタポに移り、移送その他の「ユダヤ人問題」を担当する部門の長官になりました。その新しい役職で、アイヒマンはヨーロッパ全土の150万人を超えるユダヤ人を占領下ポーランドおよび占領下ソ連の絶滅収容所やその他の殺害現場に移送する中心的人物でした。

1942年1月には、ヨーロッパ系ユダヤ人の絶滅が企てられたヴァンゼー会議に出席しました。アイヒマンと部下は数十万人のユダヤ人をスロバキア、オランダ、フランス、ベルギーなどから追放する計画を組織化しました。1943年から1944年には、ギリシャ、北イタリア、ハンガリーのユダヤ人の追放を計画しました。アイヒマンが追放プロセスに直接関わったのはハンガリーだけでした。1944年の4月から7月初旬まで、アイヒマンと補佐官たちはハンガリー系ユダヤ人約44万人の絶滅収容所送りを監督しました。

終戦になると、アイヒマンは米国に拘留されましたが、1946年に脱出しました。カソリック教会の役員に助けられ、アルゼンチンに逃亡してリカルド・クレメンツという偽名で暮らしたのです。1960年には、イスラエル親衛隊のスパイがアイヒマンを拉致し、イスラエルに連れて行って裁判にかけました。エルサレムの法廷での審理は、ホロコーストに対する国際的な関心を呼び起こしました。1961年12月15日、アイヒマンはユダヤ人に対する犯罪で有罪となり、1962年の5月31日から6月1日の真夜中(イスラエル国家が死刑を行使する唯一の時間)に絞首刑に処され、遺骸は火葬されて海に撒かれました。