人種差別:概要 (簡約記事)

人種差別主義者とは、生来の受け継いだ性質が、生物学的に人間の行動を決定すると信じている人々です。人種差別主義では、血筋が国民性や民族性の基準であると主張します。反ユダヤ主義(誤った生物学的理論に基づいたユダヤ人に対する偏見や嫌悪)をはじめとする人種差別は、常にドイツ国家社会主義(ナチズム)の不可欠な要素でした。ナチスは人類の歴史すべてを、さまざまな人種間での生物学的に定められた闘争の歴史であると捉えました。ナチスは政権を握ると、1935年にニュルンベルク法を定め、ユダヤ人であることの想像上の生物学的な定義をまとめました。人種に関するナチスの理論によると、ドイツ人とその他の北ヨーロッパ人は、より優れた人種である「アーリア人」となります。第二次世界大戦中、ナチスの医師たちは偽りの人体実験を行い、アーリア人の優越性と非アーリア人の劣等性の物理的証拠を確認しようとしました。無数の非アーリア人収容者をこれらの数々の実験で殺害したにもかかわらず、ナチスは人間の生物学的な人種差異理論の証拠を見つけることができませんでした。

ナチスの人種差別主義からは、前例のない規模の殺戮が展開されました。第二次世界大戦中、ナチスの指導者たちはポーランドおよびソ連の東側占領地区で、「民族の大掃除」と彼らが呼んだ作業に着手しました。この政策には、ヨーロッパ在住ユダヤ人のジェノサイドやスラブ人の主導的地位の撲滅など、いわゆる敵方「人種」の殺害と絶滅が含まれていました。ナチスの人種差別主義者は、純粋なアーリア人種を生物学的に脅かすものとして精神障害者や身体障害者を捉えました。慎重に計画を立てたドイツ人医師たちは、彼らが遠回しに「安楽死」と呼んだ作業において、ドイツ全土の施設に収容されていた障害者を殺害し始めたのです。