<p>ナリボキの森で滑走路の警備任務にあたったユダヤ人パルチザンのカリーニン部隊(ビエルスキグループ)メンバーのグループ写真。1941~1944年。</p>

ビエルスキ・パルチザン

背景

1942から1944年の間に西ベラルーシで活動したビエルスキ・パルチザングループは、第二次世界大戦中にナチスドイツに対する最も大きなユダヤ人レジスタンスの1つでした。

そのメンバーはドイツ軍とその協力者と戦いましたが、ビエルスキグループのリーダーは、森に逃げ込むことのできたユダヤ人、特に女性、子供、そして老人に安全な避難場所を提供することを力説しました。ビエルスキグループの保護の下、1,200人以上のユダヤ人が戦争を生き延び、ホロコーストにおいて最も成功した救援活動の1つとなりました。

1941年6月22日のソビエト侵攻に続き、ドイツ軍は、西ベラルーシを占領しました(1939年以前、西ベラルーシはポーランドの一部でした。1939年のドイツ軍のポーランド侵攻の後、西ベラルーシはドイツ軍との以前の協定の下にソ連に併合されました)。そこでは、リダとナヴァフルダクの街を含むナヴァフルダク地区で1941年7月から1942年の春の終わりまでに数千人のユダヤ人がドイツ当局によって殺害されました。殺害を免れたユダヤ人は同地区内のゲットーに監禁されました。これらのゲットーは1942年から1943年にドイツの親衛隊と警察によって一掃され、ほとんどの住人が殺害されました。

1941年12月にナヴァフルダクゲットーで両親と2人の兄弟を殺害された後、生き残ったビエルスキ家の3人の兄弟、トゥヴィア(1906-1987年)アザエル(1908–1945年)、そしてジュス(1910–1995年)がパルチザングループを結成しました。当初、ビエルスキ兄弟は自分たちの家族の生命を救うことを目的としていました。ビエルスキ兄弟たちは近くのザビエロフとペレラズの森に逃げ込み、約30人の家族と友人でパルチザン部隊の中核を形成しました。

ポーランド軍の退役軍人で以前にジオニストとして活動していたカリスマ的なリーダーであったトゥヴィア・ビエルスキがグループのリーダーに選ばれました。その弟のアザエルが補佐役となり、ジュスは偵察の任務を任されました。まだ若かった4番目の弟アーロン(1927-)もグループの一員となりました。

ビエルスキ家は近くのスタンキェビッチに住むユダヤ人の農家で、兄弟はその地域の地理に通じていました。ビエルスキ兄弟が地理、習慣、そして住人に通じていたことが幸いし、ドイツ当局とベラルーシの補助部隊の追跡を逃れることができました。ベラルーシに住むユダヤ人以外の友人の助けもあり、銃を入手することができました。後に、ビエルスキ・パルチザンは、捕虜にしたドイツ軍の兵器やソ連の兵器で武装し、ソ連のパルチザンから提供された装備を活用しました。

トゥヴィア・ビエルスキは、自分の主な使命は同胞のユダヤ人の生命を守ることと信じていました。ビエルスキ兄弟は、リダ、ナヴァフルダク、ミンスク、イゥイー、ミール、バラノウィッチなどのゲットーのユダヤ人に森に逃げてパルチザンに参加するよう働きかけました。ビエルスキ・グループはゲットーにガイドを頻繁に送り、多くのユダヤ人を森に連れ出しました。1942年後半には、ドイツ軍が一掃を計画していたときにイゥイーゲットーから100人を超えるユダヤ人が救出されました。ビエルスキ・グループの偵察隊は、保護を必要とするユダヤ人の逃亡者を絶えず探し歩きました。

家族単位で森に隠れていた多くのユダヤ人がビエルスキ・グループに参加しました。ソ連のパルチザンと協力していたユダヤ人のパルチザンも反ユダヤ主義を逃れてビエルスキ・グループに合流しました。多くのユダヤ人の生存者が参加し、ビエルスキ・グループは1942年末には300人を超える規模になりました。

1943年の夏までにビエルスキ・グループは、森を拠点に活動していました。しかし、1943年の夏、ドイツ軍が同地区のロシア人、ポーランド人、およびユダヤ人のパルチザンに対する大規模な追跡を開始しました。ドイツ軍は、20,000人以上の軍隊、親衛隊、および警察を動員しました。さらに、トゥヴィア・ビエルスキの逮捕に繋がる情報の提供に100,000 ライヒスマルクの賞金がかけられました。約700人のユダヤ人グループに成長したビエルスキ・グループは、ドイツ軍の巡察隊に特に発見されやすくなっていました。ビエルスキ・グループは、食料を提供していた現地の農民が裏切るのではないかと恐れるようになりました。その結果、1943年12月、ビエルスキ・グループはリダの東でナヴァフルダクの北東に位置するニエメン川の右側の土手にあり、近づきにくい沼地のナリボキの森に移動して恒久基地を構えました。

ビエルスキ・グループがコミュニティを形成したのは、この未開の土地でした。グループ内で反対意見もありましたが、トゥヴィア・ビエルスキは、年齢や性別に関係なくすべてのユダヤ人逃亡者を受け入れて保護するという信念を曲げませんでした。ビエルスキ兄弟はすべてのユダヤ人を受け入れ、森のユダヤ人コミュニティの一員として迎え入れました。ビエルスキ・グループは、ユダヤ人逃亡者の中から技術を持つ作業者を組織し、靴職人、仕立職人、大工、皮革職人、鍛冶職人など、少なくとも200人を雇用しました。

さらに、製粉所、パン屋、そして洗濯所が造られました。このコミュニティには、簡易診療所、子供のための学校、ユダヤ教会だけでなく、裁判所や留置所まで造られました。作業班はキャンプに食糧を提供し、小麦や大麦の栽培が可能な土地を開墾しました。

その他のパルチザングループとの協力

ナリボキの森はソ連のパルチザンの管理下にあり、ドイツ軍はいませんでした。イデオロギー的な方針はありませんでしたが、トゥヴィア・ビエルスキを始めとするビエルスキ・グループのリーダーたちは、ソ連のパルチザンと協力しました。ビエルスキ自身は、ソ連のパルチザンの指揮者で「プラトン」という暗号名で呼ばれていたヴァシリー・エフィーモヴィチ・チェルニシェフ大将と友好的な関係を築きました。ソ連のパルチザン部隊には反ユダヤ主義的な風潮が広がっていましたが、プラトン大将はビエルスキ・グループを保護しました。プラトン大将は、キャンプがソ連のパルチザンの整備基地としての不可欠な役割を果たすことを認識していました。1944年、キャンプのリーダーにソ連のパルチザン本部から武器が提供されました。

ビエルスキは、軍事活動の経験のある150人程度のメンバーで構成される作戦部隊を求めるソ連の要請を断りました。ビエルスキは、グループ内での武装したメンバーによる保護がなければ生き延びることができない既婚の男性、女性、そして子供を見捨てることはできませんでした。これは、1943年にビエルスキがグループ全体を森の中で最も近寄ることが難しい奥深くの地域に移動した理由でもありました。その後、実質的にトゥヴィア・ビエルスキの指揮下にあったものの、グループはソ連のパルチザンのキーロフ旅団傘下の「カリーニン」部隊と「オルジョニキーゼ」部隊に公式に分割されました。

キャンプ内の非戦闘員の命を守り保護すると同時に、ビエルスキ・グループは、いくつかの軍事作戦を実行し、ベラルーシの補助部隊の警察署やユダヤ人殺害の疑いのある農民を襲撃しました。ビエルスキ・グループは、ドイツ軍の列車を動けなくしたり、線路や橋を破壊したりしてユダヤ人ゲットーからの逃亡を支援しました。ビエルスキ・パルチザンはソ連のパルチザンと協力してドイツ軍の護衛兵や補助部隊を攻撃し、多くのドイツ軍兵士とベラルーシの協力者を殺害することもありました。

解放

1944年6月22日、ソ連軍が東ベラルーシで大規模な攻撃を開始しました。6週間以内にソ連軍はドイツ中央軍集団をポーランドのウィスラ川の西に撃退し、ベラルーシ全土を解放しました。解放時、ビエルスキ・グループには1,230人のメンバーがいて、そのピークに達していました。その70%は、ドイツ軍占領下であれば殺害されていたであろう女性、老人、そして子供でした。ビエルスキ・グループで殺害されたのは50人程度と推定されます。これは、その他のパルチザン部隊だけでなく、その地域のユダヤ人グループと比較しても非常に低い死傷率です。

第二次世界大戦後、トゥヴィア・ビエルスキとジュス・ビエルスキは1945年に家族と共にパレスチナに移住しました。この2人は共に1948年の戦争でイスラエルの軍隊に参加し、イスラエル建国に寄与しました。その後、2人は米国に移住しました。アザエルはソ連軍に徴兵され、1945年2月に東プロセインの前線で戦死しました。