トレブリンカ (簡約記事)

1941年11月、ドイツ軍当局は占領下ポーランドのワルシャワから北東へ約80キロの地域に、後にトレブリンカと呼ばれる強制労働収容所を建設しました。1942年7月、ドイツ軍当局はトレブリンカIIと呼ばれる絶滅収容所の建設を完成しました。1942年7月から1943年11月にかけて、ドイツ軍とその協力者たちはトレブリンカで87万~92万5,000人のユダヤ人を殺害しました。ドイツ軍はワルシャワゲットーと、ラドム、ビャウィストク、ルブリン地区、およびテレージエンシュタット強制収容所とギリシャのブルガリア占領区域(トラキア)とユーゴスラビア(マケドニア)から、トレブリンカにユダヤ人を移送しました。また、ロマ族(ジプシー)とキリスト教徒のポーランド人がトレブリンカIIで殺害されました。

トレブリンカ絶滅収容所の現場は森林で覆われていました。職員は25~35人のドイツ軍関係者と、ソ連軍戦争捕虜かウクライナ人とポーランド人の市民90~150人から成る補助部隊護衛兵で構成されていました。50~60両の列車が近くのマルキニア駅に停まりました。一度に20両が切り離され、絶滅収容所に入りました。親衛隊員と警察官が移送者が通過収容所に到着すると、貴重品をすべて渡すようにと命じました。

犠牲者たちは、シャワー室という偽装ラベルを貼ったガス室まで「チューブ」と呼ばれる柵で囲われた道を通らされました。ドアを密閉すると、建物の外のエンジンから一酸化炭素をガス室に噴出して、中の人々を殺害しました。強制労働者として生き残りを選別されたユダヤ人囚人グループが死体を除去して、集団墓地に埋めました。収容所の職員は定期的にこれらの強制労働者を殺害し、新しく到着した囚人と入れ替えました。到着した囚人のうち、ガス室まで歩けないほど弱っていた者は、病院に見せかけた領域で射殺されました。

1942年の秋から、収容所当局は大量殺戮の証拠を消し去るために、集団墓地を掘り返して死体の焼却を開始しました、ユダヤ人の囚人たちは、このむごたらしい作業を強制されたのです。1942年8月2日に、囚人たちは収容所の兵器庫から武器を奪取しましたが、発見されてしまいました。数百人の囚人が逃亡しようとして正門に突入しました。多くは機関銃で射殺されました。300人を超える囚人が逃亡しましたが、結局そのうち3分の2は追い詰められて殺害されました。強制収容所トレブリンカIは1944年7月後半まで運営を続けました。ソ連軍が地域に進攻してくると、収容所員は残りの300~700人のユダヤ人囚人を射殺して、収容所を解体しました。ソ連軍は1944年7月の最後の週にトレブリンカの収容所跡を制圧しました。