詳細
アーティファクト

ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンが作った櫛

ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンは、1944年11月、SS(ナチス親衛隊)によってアウシュビッツからドイツ、フライブルクの飛行機工場に強制労働のために移送された後、飛行機の部品からアルミニウムの櫛を作りました。彼女は、アウシュビッツで剃られた髪が伸び始めると、この櫛で髪をとかしました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum - Collections

Share This

Comb made by Yona Wygocka Dickmann [LCID: 1998tdh3]