歴史映画の場面

アインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)

ドイツの移動虐殺部隊(アインザッツグルッペン)は、第二次世界大戦中、東ヨーロッパのドイツ占領地区で活動していました。 この珍しい映像は、ラトビアのリエパーヤで繰り広げられた移動虐殺部隊による大量殺人を示しています。 この映像は、命令に反してドイツ人兵士が収録したものです。 戦前のリエパーヤのユダヤ人住民は、7,000人を超えていました。 ドイツの移動虐殺部隊はこの町のほとんどのユダヤ人を射殺したのです。 ソ連軍が1945年にこの町を解放したとき、残っていたユダヤ人はわずか20〜30人にすぎませんでした。


  • Henny Wiener

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.