歴史映画の場面

リヴィウのポグロム

ソ連は、独ソ不可侵条約の秘密条項に従い、1939年9月にリヴィウを占領しました。 ドイツは1941年6月22日にソ連に侵攻し、その1週間以内にリヴィウを占領しました。 ドイツ軍は、この町のユダヤ人たちがソ連を支持したと主張したのです。 それによってウクライナ人の暴徒たちがユダヤ人を攻撃しました。 彼らはリヴィウの町の通りでユダヤ人の男女を裸にし、暴力をふるったのです。 ドイツ当局によって支持されたウクライナ人パルチザンは、このポグロム中にリヴィウで約4,000人のユダヤ人を殺害しました。米軍は、ドイツのアウグスブルグにあった親衛隊の兵舎で、戦後にこの8ミリビデオを発見しました。


タグ


  • National Archives - Film
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.