カール・ホイマン

カール・ホイマン

生まれました: July 12, 1898

ドイツ、ヘレンタール

カールは、ベルギーとの国境に近い町に住むユダヤ人家庭に、9人兄妹の一人として生まれました。カールは26歳のときにヨアナ・ファルケンシュタインと結婚し、父の畜産場と通りを隔てた家に住みました。カールは、自宅の一階で小さな雑貨店を営んでいました。夫婦には、マルゴとローレという2人の娘がいました。

1933年〜1939年:私は家族を連れてビーレフェルトに引越し、そこのユダヤ人救済団体で働きました。前年の11月にナチスがドイツ中でユダヤ人商店の窓ガラスを割り、シナゴーグを焼き払って以来(「水晶の夜」)、ドイツを脱出することを望むこの地域のユダヤ人からの要請が増加していました。あいにく米国やその他の国には、移民者数の制限があったため、査証を得ることができたのはほんの一部のユダヤ人難民のみでした。

1940年〜1944年:私たち一家は、チェコスロバキアのテレージエンシュタットのゲットーに移送されました。私は第一次世界大戦でドイツの鉄十字勲章を授与されていたため、私たち一家は特別な計らいとして、さらに東にある強制収容所に送られる代わりに、このゲットーに送られました。それでも、強制収容所に送られるのではないかという恐れに毎日さらされ、いつもお腹を空かせていました。15歳の娘のマルゴは特務班に任命され、毎日ゲットーから農場に働きに行きました。時には、ブラウスの下に野菜を隠して持ち帰ることもありました。

1944年5月にカールは食べ物を盗んでつかまり、家族と一緒にアウシュビッツに送られました。戦争を生き延びたマルゴを除いて、家族全員がここで死を遂げたものと見られています。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.