シュリム・セルシュッツ

シュリム・セルシュッツ

生まれました: March 7, 1930

ポーランド、コルブショバ

シュリムは、ポーランド中南部の街、コルブショバに住む、3人の子供を持つ敬虔なユダヤ系夫婦の長男として生まれました。彼の父親は、町で卸売雑貨店を経営し、地域の実力者としても有名でした。シュリムの母親は家事をこなしながら、彼の弟のシュロモや妹のロッツアの世話をしていました。

1933年〜1939年: 彼が9歳の時、ドイツ軍がポーランドに侵攻しました。馬に乗ったポーランド兵士がドイツ軍と戦おうとしましたが、戦車の前には無力でした。短い戦いの後、通りには多くの馬が死んでいました。シュリムの父と叔父のナフタリは、馬を埋める作業を強制されました。ドイツ軍はユダヤ人の子供たちが学校に通うことを禁止しました。シュリムは母親、弟、妹と家で過ごすこととなりました。

1940年〜1942年: 1941年7月、ドイツ軍は、ユダヤ人全員にコルブショバの1つの小さな地区に住むことを強制してきました。祖父母の2人、叔父と2人の叔母も彼らの家族と共に移り住んで来たため、アパートは非常に混雑していました。シュリムの12才の誕生日に、画期的な出来事がありました。他の男たちと同様に、ダビデの星の腕章をつけなければならなかったのです。彼は誇りに感じ、腕章を付けた写真を撮ってくれるよう、叔父のナフタリに頼みました。シュリムには他の男たちと共に行う任務が割り当てられました。彼は雪掃除をし、道路を修復しました。

シュリムは1942年6月25日にジェシェフのゲットーに、そして7月にはベウジェツ収容所に移送されました。そこで、母親や弟と妹と共に、ガスで殺害されました。12歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.