詳細
地図

「安楽死」センター、ドイツ、1940〜1945年

ナチスが使用した「安楽死」という言葉は、遺伝的な病気や異常が理由で、ナチスが「生きている価値がない」と見なした人々の組織的な殺害を意味していました。 1939年秋から、ベルンブルグ、ブランデンブルグ、グラフェネック、ハダマル、ハルトハイム、およびゾンネシュタインにガス室が設置されました。 医師によって患者が選別され、診療所からこれらの集中ガス室の1つに移されて、殺害されました。 世論の怒りによって、集中ガス室での殺害はやめざるを得ませんでしたが、医師たちはドイツ全土の診療所や病院で「安楽死」に選別された人々に致死薬を投与しました。 このようにして、「安楽死」プログラムは戦争が終わるまで継続され、拡大していきました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

"Euthanasia" centers, Germany 1940-1945 [LCID: ger73070]