安楽死プログラム (簡約記事)

「安楽死」(文字どおり「安らかな死」)とは通常、慢性的または末期症状の疾患を持つ個人を苦痛のない死に導くことを指します。しかし、ナチスの場合、「安楽死」は婉曲表現でした。実際にはドイツとドイツに併合された領土内の療養施設で暮らす障害者に対して実行された極秘の殺人計画でした。この計画はナチスドイツの大量殺戮の最初の方針でした。ヨーロッパ系ユダヤ人の大量殺戮を計画した人々と同様に、「安楽死」計画の立案者は、人種的に純粋で生産的な社会を想像し、その構想に適さない者を排除する急進的な人種戦略を採用したのです。

1939年8月18日に、ドイツ政府は医療関係者に新生児および3歳児未満の重度の障害者を報告させる法令を発しました。1939年10月に、当局は障害を持つ子供の親に対し、小児診療所への入院を奨励し始めました。診療所は実際には、特別採用された医療関係者が致死量の薬剤摂取や飢餓によって子供たちを殺した殺害病棟でした。次第に殺害計画は17歳までの青少年を含めるようになりました。まもなく計画者は、施設に収容されている大人にまで殺害計画を拡張しました。1939年の秋に、アドルフ・ヒトラーは関係者を告発から保護する秘密の承認に署名しました。官邸職員はその秘密の企てを「T4」と呼びました。T4作戦ではガス施設が6か所設置されました。これらの施設に到着後数時間以内に、犠牲者はシャワー室に偽装したガス室で純粋な一酸化炭素ガスを使って殺害されました。T4の職員は死体を焼却炉で焼きました。その後、作業員は遺灰の山から犠牲者の灰を取って骨壷に入れ、嘘の死因を記述した死亡証明書を付けて遺族に送りました。

一般市民に広がった認識や抗議を考慮して、ヒトラーは1941年8月に計画中止を命じましたが、ドイツの医療従事者は1942年8月に殺害を再開しました。新しい作戦はより緊密に地元当局に依存し、人目につかない殺害方法として薬物注射と飢餓が採用されました。ドイツ占領下の東側では、親衛隊と警察部隊も何万もの障害患者を集団射殺やガストラックで殺害しました。「最終的解決」の計画者たちは、T4キャンペーン用に特別設計されたガス室と遺体焼却炉を利用してユダヤ人を殺害しました。この最初の大量殺戮において信頼性を実証したT4作戦員は後に、ベウジェーツ、ソビボル、トレブリンカの絶滅収容所に駐留するドイツ人職員の中でも重要な位置を占めました。この殺害計画は第二次世界大戦の末期まで続き、高齢患者、爆撃被害者、外国人強制労働者にまで拡大されました。歴史家は、「安楽死」プログラムの全段階にわたり、20万人の命が奪われましたものと推定しています。