詳細
地図

ドイツ領土喪失、ベルサイユ条約、1919年

ドイツは第一次世界大戦で敗戦国となりました。1919年のベルサイユ条約で、戦勝国(米国、英国、フランス、およびその他の同盟国)は、敗戦国ドイツに、領土、軍事、および経済に関する罰則条項を科しました。西部では、40年以上前からドイツに編入されていた、アルザス・ロレーヌ地方がフランスに復帰することになりました。さらに、オイペンおよびマルメディがベルギーに割譲され、ザール工業地帯が15年間国際連盟の管理下に置かれ、北部のシュレースヴィヒがデンマークに編入されました。最後に、ラインラントの武装が解除され、ドイツの軍隊や防御設備の配備が認められなくなりました。東部では、西プロイセンおよびシュレジエンの一部がポーランドに割譲されました。さらに、フルチーン地域がチェコスロバキアに割譲され、ダンツィヒのドイツ都市の大部分が国際連盟の保護下の自由都市となりました。東プロセインのバルト海沿岸の小地区メーメルは最終的にリトアニアの管理下に置かれました。ヨーロッパ外部のドイツ植民地はすべて失われました。合計で、ヨーロッパにあるドイツの領土の13パーセント(6万9,930㎢以上)、人口の10分の1(650万〜700万人)が失われました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

German territorial losses, Treaty of Versailles, 1919 [LCID: ger71020]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.