証言者の歴史

ブランカ・ロートシルト

ブランカは、ポーランドのウッチに住む、絆の強い家族のたった1人の子供でした。 彼女の父親は1937年に亡くなりました。ドイツ軍によるポーランド侵攻後、ブランカと母親は移動できない祖母と共にウッチに残りました。 他の親類と一緒に、彼女たちは1940年にウッチのゲットーに強制移送され、ブランカはパン屋で働きました。 後になって彼女と母親はウッチのゲットーの病院で働きました。1944年の後半までそこに残っていましたが、ドイツのラーフェンスブリュック強制収容所に移送されました。 2人は次にラーフェンスブリュックからザクセンハウゼンの補助収容所に送られました。 ブランカは飛行機工場のアラド・ヴェルケで強制労働に従事しました。 母親は別の収容所に送られました。 1945年の春、ソ連軍によってブランカは解放されました。彼女は空き家に住んでいましたが、ウッチに戻りました。 彼女はそこで親戚も母親も誰も生き残っていないことを知りました。 ブランカは西に向けてベルリンに移り最終的に難民キャンプに住み、1947年に米国に移住しました。

謄本

空っぽになったゲットーを仕事で通ったときは、非常に奇妙な感じがしました。 誰もいない通り、開かれた窓、風になびくカーテン。 誰もいません。 一度、窓に誰かの影またはろうそくの明かりのようなものが見えたと思いましたが、もちろん誰かがいることをドイツ人の護衛に見つかないように目を逸らしました。 1944年11月、連れて行かれるときが来ました。 病院にいた人々は全員、家畜運搬車が停まっている場所まで歩かされ、そこで車に乗せられました。 人々は立っていなければならなかったので、ひどいものでした。 座ったりしゃがんだりする場所はありませんでした。 病気で死にそうな人は、立ったまま死にました。 ただ耐えられませんでした。 一番ひどいことは水がないこと、のどの渇きでした。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.