証言者の歴史

ジョージ・サルトン

ジョージは1945年5月に米軍によって解放されました。彼は戦争中の3年間を10か所の強制収容所で過ごしました。 1945年、彼はドイツのヴェッベリン収容所にいました。 解放後、彼は2年間をさまざまな難民キャンプで過ごし、 1947年10月に米国に移住しました。

謄本

その方向に走っていくと、多くの囚人たちが大声を上げたり、叫んだり、飛んだり、踊ったりしているのが見えました。 その真ん中に、7人の若くて体格のよい人々がいました。 多分18歳か19歳ぐらいだったでしょう。米軍の兵士たちでした。 7人か8人で、収容所の中にいました。 鉄条網を切って収容所の中に入ってきたのです。 兵士たちは私たちの出現に当惑した様子でした。 くしゃくしゃの髪と汚れ果てた姿で、半狂乱になって飛び上がったり踊ったりしている異臭を放つ人々に取り囲まれて、抱きつかれたりキスされたりしたのですから無理もありません。 私も同じことをしました。 群集に加わって、大声を出して、叫びました。自由の訪れをなぜか理解したのです。 でも、それは奇妙な感覚でした。予期せぬ思いがけない自由の訪れに圧倒されていました。それと同時にこの出来事が自分とは切り離された場所で起こっているような感じもしました。どう受け止めてよいかわからなかったのです。 私は自由になったことは理解できました。でも、実感がありませんでした。 自由が何を意味しているのかわかりませんでした。 それが素晴らしいことだとはわかりました。でも、周りのみんなが大喜びしているから自分も喜んで、歌ったり、踊ったりしていたのです。私は17歳でした。そして自由でした。でも、それが何を意味するかはよくわかっていませんでした。


詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.