証言者の歴史

ヘッシー・レビンソンズ・タフト

戦争前の反ユダヤ感情が高まる中、ヘッシーの家族はドイツを逃れてパリに移りました。 1940年6月、フランスはドイツ軍の手中に落ち、ヘッシーの家族は南フランスの「自由圏」に逃れました。 家族は米国へのビザを1941年に取得しましたが、ビザの有効期間内に出発できず、期間延長は許可されませんでした。 1942年、ヘッシーの家族はキューバへのビザを取得し、数年間キューバに落ち着いた後、1949年に米国に移住しました。

謄本

  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.