Category: Artifact

Clear All
  • 「Newsmap for the Armed Forces」 にてアメリカ人兵士向けに発行された差し込み記事

    アーティファクト

    アメリカ兵向けに用意された差し込み記事。「Newsmap for the Armed Forces」の海外版で発表されたこの図では、ニュルンベルク裁判における被告人に対する起訴内容が説明されています。1945年。

    「Newsmap for the Armed Forces」 にてアメリカ人兵士向けに発行された差し込み記事
  • 「セントルイス号」写真集

    アーティファクト

    セントルイス号の乗客が撮影した写真が収録されている写真集。表紙にセントルイス号が描かれている。1939年、このドイツの遠洋定期船は、キューバに一時的な避難場所を求めるユダヤ人難民を運んでいました。キューバが難民たちの入国を拒否すると、同船はヨーロッパへの帰航を余儀なくされました。

    「セントルイス号」写真集
  • 「水晶の夜」で損傷したヘブライ語の祈祷書のページ

    アーティファクト

    これらは、1938年11月9日と10日の「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)で損傷したヘブライ語の祈祷書のページです。ドイツのボーベンハウゼンのシナゴーグが放火された際に火災で損傷しました。 1989年、ギーセンのユダヤ人のコミュニティから米国国立ホロコースト記念博物館に寄贈されました。

    「水晶の夜」で損傷したヘブライ語の祈祷書のページ
  • アブラハム・レーヴェントの囚人服の上着

    アーティファクト

    アブラハム・レーヴェントは、ワルシャワのゲットーからマイダネクに送られ、次にドイツのいくつかの強制収容所に収容された後、1944年にブーヘンヴァルト強制収容所に移送されたときに支給されたこの囚人服を着用しました。

    アブラハム・レーヴェントの囚人服の上着
  • ウッチゲットーのシンガーミシン

    アーティファクト

    このシンガーミシンは、ポーランドのウッチゲットーで靴職人が使用していました。ドイツは早くも1940年5月にはウッチゲットーに工場を建設し始め、ユダヤ人住民を強制労働に利用しました。1942年8月までに、同ゲットー内には100棟弱の工場がありました。その大部分の工場では、ドイツ軍のための布織物(特に制服)を生産していました。

    タグ: ゲットー
    ウッチゲットーのシンガーミシン
  • カレル・ブラムルの強制収容所の帽子

    アーティファクト

    1942年、テレージエンシュタットからアウシュビッツ強制収容所に送られた後、カレル・ブラムルは、近郊のモノヴィッツ収容所(通称ブナ)にある合成ゴム(ブナ)工場で強制労働させられていたときに、この帽子を着用していました。

    カレル・ブラムルの強制収容所の帽子
  • クラクフのユダヤ人街の人形

    アーティファクト

    ゾフィア・ブロウスカ(ショロヴィッチ)により当博物館に寄贈された1930年代の人形。 第二次世界大戦前に彼女の両親が与えたもので、ポーランドのヴォルブラムやクラクフのゲットー(ユダヤ人街)でも彼女は大事にしていました。 この人形と彼女の家族の他の持ち物の一部は、ユダヤ人ではない友人が預かっていました。 彼女は、クラクフ近郊のユダヤ人強制労働収容所に、次に同じくポーランドのスカルジンスコ・カミェンナ収容所に、さらにドイツのブーヘンヴァルト強制収容所に移送され、そこで解放されました。 第二次大戦後、彼女はクラクフに戻って人形を受け取ることができました。

    クラクフのユダヤ人街の人形
  • シュテルマー第29号(1934年7月)

    アーティファクト

    ナチスドイツが半ば公認していた激しい反ユダヤ主義の新聞。シュテルマーは、この1934年に発行された号で、ユダヤ人が世界征服を企んでいると警告しました。「敵とは誰か?」と題した記事で、社会秩序を壊すユダヤ人を非難し、世界が平和を望んでいるのに対し、ユダヤ人は戦争を望んでいると主張しています。シュテルマー 1934年7月。

    シュテルマー第29号(1934年7月)
  • シュトループレポートの表

    アーティファクト

    ナチスドイツ親衛隊の少将であったユルゲン・シュトロープは、写真とその他の資料をまとめたアルバムを作成しました。シュトロープはワルシャワゲットー蜂起を鎮圧したドイツ軍の司令官でした。後に「シュトループレポート」として知られるようになる、このアルバムは、ニュルンベルク国際軍事裁判に証拠品として提出されました。表紙には、国際軍事裁判の証拠品であることを示すスタンプが押されています。

    シュトループレポートの表
  • ジュリアン・ノガの囚人服の上着

    アーティファクト

    フロッセンビュルク強制収容所の青と灰色の縦縞の上着。 上着の左前部"P"は、ユダヤ人ではなくポーランド人の囚人が着用していたことを示します。 "P"はドイツ語の”Pole”「ポーランド人」を表します。 着用していたノガ氏本人から、米国国立ホロコースト記念博物館に寄贈されました。

    ジュリアン・ノガの囚人服の上着

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.