アンネ・フランク (簡約記事)

アンネ・フランクは、ホロコーストの犠牲となった100万人以上のユダヤ人の子供たちの1人でした。潜伏している間、アンネは自分の恐怖、希望、そして経験を綴った日記を付けていました。フランク一家が拘束された後、秘密のアパートで見つかったこの日記は、一家の潜伏を助けた人々の1人であるミープ・ヒースによって保管されていました。この日記は戦後、多くの言語で出版され、世界中の何千校もの中学校や高校の授業で使用されています。アンネ・フランクは、ホロコーストの犠牲となった子供たちの失われた約束の象徴となったのです。アンネは1929年6月12日、ドイツのフランクフルトで父オットーと母エーディトのもとに生まれました。5歳になるまでアンネは、両親と姉のマルゴットと共に、フランクフルト郊外のアパートに住んでいました。1933年にナチスが権力を握った後、フランク一家はオランダのアムステルダムに逃亡しました。ドイツ軍は1940年5月にアムステルダムを占領し、1942年7月になるとドイツ軍当局とオランダ人協力者たちは、ユダヤ人をオランダからドイツ軍占領下のポーランドにある絶滅収容所に移送し始めました。

1942年7月の前半、アンネとその家族は他のユダヤ人家族と共に潜伏生活に入りました。彼らは2年間、プリンセンフラハト通り263番地の個人経営会社の事務所の裏にある秘密の屋根裏アパートに住んでいました。このアパートのことを、アンネは日記の中で秘密の隠れ家と呼んでいました。この間、友人や同僚たちは自らの命を大きな危険にさらしてフランク一家のために食料や衣服を持ち込んでいました。1944年8月4日、ゲシュタポ(ドイツ秘密警察)は匿名のオランダ人からの密告を受けてこの隠れ家を発見し、居住者を拘束しました。1944年9月、ドイツ軍当局はフランク一家と、一緒に潜伏していた他4名をアウシュビッツ行きの列車に乗せました。まだ若かったアンネと姉のマルゴットは労働力として選別され、1944年10月下旬にドイツ北部のベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されました。2人の姉妹は、英国軍がこの収容所を解放するわずか数週間前の1945年3月にチフスのため亡くなりました。アンネの母は1945年1月初旬にアウシュビッツで亡くなり、アンネの父オットーはこの戦争を生き延びました。