<p>部下に出版物や美術に関して指導するナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルス。 1936年11月、ドイツ、ベルリン。</p>

第三帝国の文化: 概要

1933年、ナチス国民啓蒙および宣伝大臣のヨーゼル・ゲッベルスは、芸術をナチスの目標に一致させる文化の強制的同一化に着手しました。 政府は、文化組織からユダヤ人とその他の政治的または芸術的な嫌疑者を追放しました。 ベルトルト・ブレヒト、リオン・フォイヒトワンガー、アルフレッド・ケルなどの一流ドイツ人作家の作品がベルリンの焚書儀式で焼き払われました。

1933年9月からは、帝国文化院(帝国映画院、帝国音楽院、帝国演劇院、帝国新聞院、帝国文学院、帝国造形芸術院、および帝国ラジオ院で構成される)がドイツ文化のあらゆる面を監視および統制しました。 ナチスの美学は、プロパガンダ的価値を強調し、農民階級、「アーリア系であること」、そして戦争における勇敢さを美化しました。 この思想は、抽象的な絵画などの現代的で革新的な芸術作品とは著しく対照的で、「退廃芸術」のほか、「芸術ボルシェヴィキ」や「文化ボルシェヴィキ」を非難しました。

建築では、ナチスはその政治運動の「偉大さ」を伝えることを意図した、独創性に乏しい巨大な建造物を建築しました。 文学においては、アドルフ・バルテルスやヒトラー青年団に所属する詩人ハンス・バウマンなどの作品を普及させ、「容認されない」書籍を公立図書館から排除するための「ブラックリスト」を設定しました。 民族を中心とする農民文学および歴史小説のほかに、ドイツ文化当局は紛争に備えてドイツ市民の心を準備するために戦争小説を普及させました。

ドイツの「芸術育成」(芸術家と芸術作品の普及を目的としたすべての政策を表す言葉)は映画にも及びました。 政府から多額の補助を受けた映画産業は、重要なプロパガンダ手段でした。 レニ・リーフェンシュタールの「Triumph des Willens」(意志の勝利)や「Der Hitlerjunge Quex」(ヒトラー少年クヴェックス)などの映画は、ナチ党とヒトラー青年団を美化したものです。 「Ich klage an」(私は告発する)などのその他の映画は安楽死プログラムを正当化する一方で、「Jud Süss」(ユダヤ人ズュース)や「Der ewige Jude」(永遠のユダヤ人)は反ユダヤ主義の固定概念を永続させるものでした。

音楽では、ナチスは、ヨハン・セバスティアン・バッハ、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、アントン・ブルックナー、リヒャルト・ワーグナーなどのドイツ人作曲家の作品を普及させる一方で、フェリックス・メンデルスゾーンやグスタフ・マーラーなどの「非アーリア人」の作品の演奏を禁じました。 アドルフ・ヒトラーは、作曲家リヒャルト・ワグナーの栄誉をたたえて開催されるバイロイト音楽祭でオペラを定期的に鑑賞していました。 ナチスは、国家主義的な歌や行進曲を普及させ、思想的な洗脳を奨励しました。

劇団は、ゲーテやシラーなどの偉大なドイツ人作家による脚本のほか、国家社会主義的な作品を上演しました。 より大きな民族(Volk)や民族共同体(Volksgemeinschaft)の意識を生み出すために、ナチスは大規模な屋外円形劇場の建設を命じました。

「アーリア系」文化の促進とその他の形式の芸術作品の弾圧は、ドイツを「純化」するためのナチスのもう1つの取り組みだったのです。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.